コメンテータ
ランキング
HELP

けにろんさんのお気に入りコメント(1/769)

ジェーン・ドウの解剖(2016/英)★4 現代ホラーにおいて、ちゃんとフィクスで撮る落ち着いた佇まいがまず貴重であり、なおかつ古典的な怪奇演出の数々が好ましい。何より、廊下の奥からこちら側に向かって”奴”がゆっくり歩いてくるショットの持続、その照明の明滅、姿が見えそうで見えない素晴らしさ。黒沢清には最早撮れなくなってしまった画があるという一点だけでも本作を支持する。 (赤い戦車)[投票(2)]
美しい星(2016/日)★4 やっぱり、橋本愛にまつわる部分が一番面白くて、何と云っても、金沢のライブ会場における視線の交錯と、このシーンから続く、料亭での食事シーン、浜辺でのダンスシーンという有無を言わさぬ意味不明の展開には興奮した。 [review] (ゑぎ)[投票(1)]
ジャッキー・ブラウン(1997/米)★4 俳優の中の人間を見る事が出来るからこそパム・グリアーロバート・デ・ニーロをこういう使い方ができるのか。この洞察力にはまいる。 [review] (torinoshield)[投票(5)]
ジャッキー・ブラウン(1997/米)★5 今の成金主義ハリウッドに、年収百五十万程度の稼ぎしかない中年女を主人公に、娯楽映画撮ろうという気骨な監督が他にいるか?どうして、会話だとか、技巧だとかでしかタランティーノを観てやらないんだ。 [review] (kiona)[投票(15)]
ジャッキー・ブラウン(1997/米)★4 世界中の熱を一気に冷ました、タランティーノ流のチルアウト系。 [review] (まー)[投票(2)]
殺人の追憶(2003/韓国)★3 まるでコントかと思わせる前時代的な捜査手法(ドロップキック!)。伏線を張るだけ張っておいて、回収しない潔いまでのミステリへの無頓着さ。 [review] (緑雨)[投票(2)]
ダーク・シャドウ(2012/米)★3 いろんな要素が詰め込まれているが、どれも無駄遣いな感じ。特に人狼。ある意味、贅沢な映画かも。 [review] (G31)[投票(1)]
レニングラード・カウボーイズ、モーゼに会う(1994/フィンランド)★3 カウリスマキ版「出アメリカ記」てとこでしょうか。ユダヤ教徒が見て怒らないか心配。[Video] [review] (Yasu)[投票(1)]
祭りの準備(1975/日)★5祭りの準備』を死ぬまで続けたい。 [review] (町田)[投票(2)]
祭りの準備(1975/日)★5 生ぬるい汗の香りに満ち満ちた、故郷という名の蟻地獄。親さえもがいつか脚に齧りつこうと狙いつづけている。執拗にリフレインされるメロディラインがその陰惨さに拍車をかける。それは永遠に続く祭祀的コミュニティの象徴だ。 [review] (水那岐)[投票(9)]
祭りの準備(1975/日)★4 赤ちゃん生みたくなった。 (picolax)[投票(2)]
祭りの準備(1975/日)★5 田舎者でも知らない田舎がここにあった。 [review] (マッツァ)[投票(6)]
祭りの準備(1975/日)★5 地方の閉鎖的な社会、お隣り感覚の性交渉、『ラスト・ショー』との近似性を感じさせながらも、このエネルギッシュさと湿度の高さ。まさに純日本産の青春映画。 [review] (くたー)[投票(2)]
LOGAN ローガン(2017/米)★3 テイストがアメリカン・ニューシネマな感じで驚いた。今のアメリカはベトナム戦争敗北時と似た精神状況に置かれているのだろうか。 [review] (ロープブレーク)[投票(5)]
LOGAN ローガン(2017/米)★3 強烈な「老い」の映画であり、横臥の映画だ。それは勿論、チャールズ(プロフェッサーX)も体現するのだが、ファーストカットが車中で横になっているローガンであるということで宣言されるように、これはもっぱらローガンの老衰の映画なのだ。 [review] (ゑぎ)[投票(3)]
LOGAN ローガン(2017/米)★5 シリーズ最高傑作だろ、これ。全編を覆う悲劇の通奏低音がたまらない。ローラの存在感がすごい。レオンを超えた。トランプ批判もこういう形ならまっとう。 [review] (ぱーこ)[投票(2)]
GONIN2(1996/日)★3 強姦されてからの喜多嶋舞のすざましい憎悪は、良かった。あと、強姦魔におそわれる夢のシーン、秀逸。こういう小さいけどサイコなエピソードの積み重ねが、石井隆監督は、うまいとおもう。 (エピキュリアン)[投票(1)]
メッセージ(2016/米)★4 秩序をもたらす贈り物は、彼女の深い悲しみを超えて人類の希望に繋がる [review] (pinkmoon)[投票(3)]
ジャック(1996/米)★3 トム・ハンクスは本物の子供のようだが、ロビン・ウィリアムズは子供好きなおじさんにしか見えず、『ビッグ』の方がいいな…と思ってたけど、意外なラストシーンで好感が持てた。 (mize)[投票(3)]
マイ・インターン(2015/米)★5 デ・ニーロが笑うのを見るだけで泣きたくなる。『タクシードライバー』の頃からあんたはずっとオレの憧れだよ。 (るぱぱ)[投票(1)]