コメンテータ
ランキング
HELP

けにろんさんのお気に入りコメント(1/814)

アトラクション 制圧(2017/露)★3 エスエフというより民話だが、確かにこれほど憎々しいばかりの悪役造型は昨今奇特な古典性だ。グーグル少年のような脇役配置もしかり。特に何をするでもない巨大異物が日常化を被っていく光景は『モンスターズ 地球外生命体』『シン・ゴジラ』あるいは町田康の短篇「ギャオスの話」に通ずる趣きを持つ。 (3819695)[投票(1)]
海よりもまだ深く(2016/日)★4 家族の崩壊、そしてreborn(再生、復活)の物語は昔からあったが、最近とみに多くないか。それは昔より皆が未来に希望が持てないからだろうか。それはともかく、 [review] (KEI)[投票(2)]
デッドプール2(2018/米)★3 時間が合うので見たら、日本語版だった。ま、時間つぶしなので仕方ない。これがXメンだという必要があるのか。どっかで見たような画面ばかりだし、きっとおもしろいんだろうな的逆具も食傷気味。妙におセンチになって、、、 [review] (ぱーこ)[投票(1)]
そして父になる(2013/日)★3 「親子の欠片(かけら)」という是枝得意のモチーフの集大成 [review] (ペペロンチーノ)[投票(3)]
ワイルド・レンジ 最後の銃撃(2003/米)★3 ロバート・デュバルの美事な頭部と比較参照させることで、おのれの薄毛の相対増幅を試みる姑息な助平心はまた、美術とガンファイトを精緻にせずにはいられない苛烈な自己認識の産物でもある。 [review] (disjunctive)[投票(1)]
犬ヶ島(2018/米)★5 子どもや被虐者による世界の再構築を偏執的美術とアクションで物語るスタイルを自己トレースしつつも、オフビートに見せかけた裏の熱が最高値だ。それは劇伴や涙の圧倒的な質感でいや増し、棄てられた者の逆襲に寄せる情感は全盛期のティム・バートンを遂に凌ぐ。「出陣×出産」のシークエンス以降、涙が止まらなくなってしまった。久々の臨界突破。 (DSCH)[投票(2)]
デッドプール2(2018/米)★3 散らかった筋もキャラも「風が吹いたら桶屋が儲かって、なんとなく、ジャスティス」的風情。「奇妙な正義」に寄与して、割と好きなのだが、純情パートがやはり愛嬌といっても邪魔だし、カオスのフリして尚予定調和だ。また前座かよ、の思いもあるし、茶番パートが多すぎる。運ちゃんが行って欲しくない方向に逝っちゃってしょんぼり。 [review] (DSCH)[投票(1)]
エイリアン(1979/米)★4 イアン・ホルムの怪演とランバート役ベロニカ・カートライトの演技が印象的。 [review] (わっこ)[投票(3)]
エイリアン(1979/米)★5 シリーズで一番好き。程よい人数、程よい狭さ、程よい抵抗力、程よい出現頻度、恐怖感を生む最上のバランスだね。造形も素晴らしい (クワドラAS)[投票(2)]
エイリアン(1979/米)★5 悪意以外に何のために存在しているのかと言いたくなるあの2重口。絶対に勝てっこないと思わせる強さを感じた。 (おーい粗茶)[投票(2)]
この世界の片隅に(2016/日)★4 地方における「銃後」の生活に通底する緊張感と鬱積を描いている点で、個人的には『美しい夏キリシマ』に通じるものを感じたのだが、本作では悲劇が現実のものとなる様が痛切に描かれる。空襲、不発弾、そしてキノコ雲。 [review] (緑雨)[投票(5)]
妻よ薔薇のように 家族はつらいよ III(2018/日)★3 西村の無頓着で野放図な頭髪と、夏川の重量感とルーズなウエスト周りに、社会的に不自由はないが精神的な緊張が足りない、いわば一生懸命には違いないが、その懸命さが生活の目的になってしまったような惰性が漂う。喜劇を戯画で終わらせないリアルな造形に感心。 [review] (ぽんしゅう)[投票(2)]
妻よ薔薇のように 家族はつらいよ III(2018/日)★4 確かに熟成度が高い。もうあたりきりで使い古しの人形の家ノラが今回の主人公であります。卑近過ぎます。身につまされ過ぎます。いい加減見たくもない話です。でも、2時間きっちりと現代の寓話にしてしまう山田のしたたかさに僕らは唸るだけでいいのか、、。 [review] (セント)[投票(2)]
妻よ薔薇のように 家族はつらいよ III(2018/日)★4 昭和の話というか、レトロな話というか。あるいは「サザエさん」のように時代を超越したというか、いつの時代でもありそうな話というか。全体としてやたらと安定した山田洋次的というか、人情喜劇の王道をいく映画としての水準は高く、安心して楽しめる。 [review] (シーチキン)[投票(3)]
妻よ薔薇のように 家族はつらいよ III(2018/日)★4 西村まさ彦に一票 [review] (寒山)[投票(4)]
ダンケルク(2017/英=米=仏)★4 全体像を描こうとはせず、異なる視点による異なる時間軸を上手く組み合わせることで、かろうじて何かを描きあげた感がいい。 [review] (G31)[投票(1)]
勝手にふるえてろ(2017/日)★5ゴーストワールド』で『アメリ』な文学でロックでアンモナイトな映画らしい熱量のある映画。 [review] (ペペロンチーノ)[投票(2)]
レプリカント(2001/米)★4 彼(レプリカント)が、まず「どうでもいいこと」から覚えていく辺りが笑える。鞍馬・鉄棒後の着地ポーズとか。。。娼婦相手に彼の早漏振りも笑えた。ストーリーはありがちだけど、毎回毎回ヴァンダムにはつい採点が甘くなりがち。 (IN4MATION)[投票(1)]
レプリカント(2001/米)★4 レプリカ・ヴァンダムの歩き方、仕草が可愛らしかった。ちゃんと「演技」もできるじゃん。しかし、なぜ床運動(それも女子)やあん馬を「教育」に使うか?今回は恒例の全裸ラブシーンはないのね。(話はおもしろかったです) [review] (プロキオン14)[投票(1)]
ザ・ファン(1996/米)★3 本気で夢を預けた憧れに裏切られる絶望を、俺は笑えない。 [review] (kiona)[投票(2)]