コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] ペーパーボーイ 真夏の引力(2012/米)

エログロ炸裂も、どこかファンタジックな青春残酷物語。
ざいあす

**ネタバレ注意**
映画を見終った人むけのレビューです。

これ以降の文章には映画の内容に関する重要な情報が書かれています。
まだ映画を見ていない人がみると映画の面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。







「プレシャス」よりもこっちの方がしっくりきた。「テキサス・チェーンソー」系の血も凍るリアルさを想像していたが、メイシー・グレイの語りとモータウン、ディスコサウンド鳴りまくりでむしろ軽妙な感触すらあり、陰惨な話も白昼夢のように浮遊感がある。 マシュー・マコノヒーがレイプされたシーンでバックに流れるのはヒップホップにもサンプリングされるローラ・リーの“Crumbs Off The Table”。激ヤバな場面にホランド・ドジャー・ホランドを被せてくるセンスが堪りません。ザック・エフロンのブリーフ1枚でのレインダンスも最高でした。 終盤でのジョン・キューザックのマチェーテ使いは音楽も止めてマジに怖かった。それでもラスト、大物2人の屍体をボートに乗せて沼を走る引きの画は「地獄の黙示録」並みのシュールさ。 変態・異形を盛り込みつつリアルにもファンタジーにも料理する振れ幅がすごいです。

(評価:★5)

投票

このコメントを気に入った人達 (4 人)jollyjoker[*] 3819695[*] けにろん[*] ぽんしゅう[*]

コメンテータ(コメントを公開している登録ユーザ)は他の人のコメントに投票ができます。なお、自分のものには投票できません。