コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] ボヘミアン・ラプソディ(2018/英=米)

QUEENの楽曲を大音量で体感できたことが喜び。グループ愛を謳いながらも、フレディのソロ映画はきれい事立志伝の範疇を超えず、音楽映画の気持ち良さがドラマをさらに薄めている。
ざいあす

高校当時、ロック好きはキッス派、エアロスミス派、クィーン派のどれかで、僕はブルー・オイスター・カルトっていうマイナーなバンド好きだったので日陰者の苦渋をなめたもんでした。

それでも「オペラ座の夜」「華麗なるレース」までの分厚いサウンドと凝った構成のクィーンはけっこう好きでした。

ライブでの再現性とか、フレディがハードロックの枠を超えた音楽嗜好のため、中・後期はクオリティは高くてもロック好きには物足りない音になってしまってて、その偏見から「Radio Ga Ga」や「Another One Bites The Dust」とかが出てくる中盤以降はイマイチ乗れなかった。

世間ではライブエイドの再現を称賛しているが、この時には既にピークを過ぎてナツメロを演奏するバンド。大観衆CGで煽られても、ブライアンやジョンの普段着かよ!っていう出で立ちからして萎える。昼間のスタジアムで照明演出が無いのもドラマチックなクィーンのキャラを削いでいる。

監督はベテランのブライアン・シンガーなので、序盤の楽曲を挟み込みながら成り上がっていくテンポ良い小刻みな構成や、ライブでのダイナミックな映像表現など手慣れたものだが、その分ドラマが薄められてて、フレディのセクシャリティについての描写が端折りすぎ。トイレに入るオッサン見て唐突にドキドキするより前に、幼少時代の体験とかあっただろってかんじ。

元・婚約者との関係もきれいごとで終わっているし、以前見たプリンスの「パープルレイン」やエミネムの「8マイル」と同じような挫折から立ち上がる甘酸っぱい青春讃歌的デジャブ感が拭えない。

フレディを除く3人はそっくりに思えたが、フレディだけ誇張した出っ歯の醜男にしたのはフレディ本人に失礼だと思う。合掌。。。

(評価:★3)

投票

このコメントを気に入った人達 (2 人)[*] ぱーこ[*]

コメンテータ(コメントを公開している登録ユーザ)は他の人のコメントに投票ができます。なお、自分のものには投票できません。