コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] SCOOP!(2016/日)

終盤「ムムッ!? そっち行くの〜?」と思ったが、ほだされてしまったのは怪物二階堂ふみの所為。☆3.7点。
死ぬまでシネマ

**ネタバレ注意**
映画を見終った人むけのレビューです。

これ以降の文章には映画の内容に関する重要な情報が書かれています。
まだ映画を見ていない人がみると映画の面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。







例えば『万引き家族』('18)の安藤サクラみたいな「完敗 orz」ではないが、視終わってみて矢張り今回の二階堂ふみには「負けたよ」。正直上手過ぎる女優には得てして反発が生じてしまうもので(蒼井 優とか)、『地獄でなぜ悪い』('13)でかなり苦手意識が出てきていたのだが、今回は逆転ホームラン。

勿論、おぼこ丸出しでオジさんが調教なんてシチュエーションは或る意味「乗ったら負け」な訳で、静御前が1万取られた様に二階堂ふみも「汚ないオヤジがヨダレ垂らしてんじゃネーよ」と思っとるのかも知らんが、まぁそれでもいいと思わされたから「今回は負け」なんだな。

俺は福山雅治なんぞ一生田舎者だと思ってるけど、終盤こんな湿っぽい話になるとは思ってもみなかった。都合よくホームランを連発する二人にその内トラブルが訪れるのは勿論だが、それがリリー=フランキーというのは一寸残念。(ロバート=キャパの「疑惑の一枚」だったから、何時福山がニョッキリ起きるのかと思ってた)

しかしリリー=フランキー自身の演技は佳かった。寧ろ『万引き家族』以上だと思う。他にも、滝藤賢一等いつもよりずっと「普通のひと」だったが、その方がいいのではないかと思わせる程佳かった(泣くシーンはベタだが)。吉田 羊も嵌まり役。

     ◆     ◆     ◆

福山は「普段こんな格好はしないので」等と生意気な事を言っていたが、美人の嫁さんと結婚出来たきっかけのアラーキーの写真でやっとるやんけ。

(評価:★3)

投票

このコメントを気に入った人達 (0 人)投票はまだありません

コメンテータ(コメントを公開している登録ユーザ)は他の人のコメントに投票ができます。なお、自分のものには投票できません。