コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] たかが世界の終わり(2016/カナダ=仏)

「たかが世界の終わり」そして下の句は…、☆3.7点。
死ぬまでシネマ

「それよりも尚、家族の辛さよ」…、か。

世界の終わりという現実を前に、一度は捨てた筈の家族の元に戻る青年。しかし現実は再び、否応無く彼が逃げ出した原因を喉元に突きつける。それこそが、家族の「現実」だった。

薄笑いで乗り切ろうとしても、血を分けた家族ではそうは行かない。帰り着いた我が家では、凡愚且つ醜悪な「家族」が、些かの躊躇もなく言葉の刃で下品に傷つけ合っていた。… だが、「家族」は矢張り我が身の一部なのだ。最後に青年は、肉親の凶暴且つ浅薄な思慮に正体を暴かれる。

     ◆   ◆   ◆

どうも他の評者の方と決定的な所で理解が異なる様ですが、自分の知っている周囲の現実を考えると、自分の解釈の方がこの映画が面白いと思います。…

(評価:★3)

投票

このコメントを気に入った人達 (0 人)投票はまだありません

コメンテータ(コメントを公開している登録ユーザ)は他の人のコメントに投票ができます。なお、自分のものには投票できません。