コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー(2018/米)

単体の映画として観るならもっと評価してもいいのかも知れないが、そもそも単体の作品としての評価は(我々の世代には)あり得ないので、痛恨の愚作としかいいようがない。☆2.9点。
死ぬまでシネマ

ハン=ソロと言えばハリソン=フォード、H.フォードの代表作は他に『インディ=ジョーンズ』シリーズや『ブレードランナー』があるが、ハン=ソロはその原型ともなった重要なキャラクターで、両者は(少なくともSW世界の中では)不可分と言える。そこに彼の青年期の物語を持込もうと言うのだから、H.フォードの雰囲気を完全再現出来る役者が必要不可欠になるのは言うまでもないだろう。それは失礼乍ら名優アレック=ギネスの演じたオビワン=ケノービの青年期を描くのとは訳が違うし、カーク船長(W.シャトナー)の青年期を描くのとは丸で違う。

H.フォード、彼の最大の魅力は何だ? それはナイーヴさだろう。ただカッコいいのでなく、ただ上手い(鮮やかな)のでなく、優しさの中に照れを拭いきれないナイーヴさがフォードの最大の特徴であり魅力なのだ(ちょっとズレてるかも知れないがカッコいい寅さんなんだ)。ハン=ソロの魅力はそこに直結している。誰でもいいのではない。

それが何だ、あの若造は。顔の縦横比が違うだろ! ディカプリ男じゃねぇんだぞ。役者が居ないなら作っちゃいけないんだ。フォードを再現出来るんなら、役者でなくとも大道具でも引きずり出して主演をやらせるべきだったんだ。

物語も最低だ。俺はSWの世界設定には詳しくはないが、惑星からの脱出や強盗団への弟子入りを描くなら子供時代だろうよ! 星野鉄郎だろうがよ、子供時代ならリバー=フェニックスが演じても許せるよ何とかよ。青年期ならチューバッカとの大冒険だろうがよ、『バリー=シール』ばりに帝国を出し抜く密輸業者だろうがよ!

     ◆     ◆     ◆

「▲○●×▽☆ーッ!?」 「コルサント? あんな変な髪型の冷たい女しかいない所になんか行けるかよ。あそこにはインチキ魔術を使う坊さんどもがいるってーじゃないか。俺はそういうのは信じないタチでね。近づきたくもない。おい、ビビッてんじゃねーぞ!! それよりよ、どこぞのお姫様みたいのとお近づき出来る仕事はないのかい? 何だよ! お姫様がおかしいか? 俺は可愛いお姫様みたいのが昔から好みなんだよ! 金も持ってるだろうしな。(ニヤリ)」

     ◆     ◆     ◆

尤もハン=ソロが昔からソロでなくとも良い。腑抜けで間抜けな若造が、冒険の中で(ちょっと間抜けな)ヒーローに成長するのもいい。参考となるのは『アメリカングラフィティ』だ。G.ルーカスがH.フォードを発掘したこの作品で、フォードはカッコつけのボンクラとして登場する。そんな登場の仕方でも良かったかも知れない。

(評価:★3)

投票

このコメントを気に入った人達 (3 人)カルヤ[*] 月魚[*] サイモン64

コメンテータ(コメントを公開している登録ユーザ)は他の人のコメントに投票ができます。なお、自分のものには投票できません。