コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] The Guilty/ギルティ(2018/デンマーク)

何とか緊張感を維持した88分間、見事。☆4.2点。
死ぬまでシネマ

**ネタバレ注意**
映画を見終った人むけのレビューです。

これ以降の文章には映画の内容に関する重要な情報が書かれています。
まだ映画を見ていない人がみると映画の面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。







電話が掛かる。皆が一斉に電話に注目する。固唾を飲んでやり取りを見守る。黒澤明の『天国と地獄』('63)は電話という道具を最大限活用したサスペンスだった。今迄は。『天国と地獄』は「最大限」では無かった。『セルラー』('04)進化版。

主人公アスガーを演じたヤコブ=セーダーグレンの端正な面構えが佳い。彼が聴くからこそ、我々も<音>に集中出来る。とは言え、それだけでは無理だ。我々の集中力が途切れる所へ、適度に必要な情報を落としていく脚本こそが見事である。

アスガーは最初は手慣れた緊急通報オペレーター(受ける側)として登場するが、物語の進行と共に彼の刑事魂・人情味・気の短さ等が現れてくる。それは「何とかしたい」という気持ち故であり、私達観客も後押ししているのだ。私は『検察側の罪人』('18)のReviewの中で、「自身が危険に晒される恐れは皆無である…取調室の中で刑事や検察官を引き摺り下ろせる者…はまず…存在しない」と書いた。この映画では、保身に敏感な立場ですらある主人公が、期せずして引き摺り下ろされていく様を、見事に描いている。それは、自ら踏み出した一歩によって始まるのだ。

(評価:★4)

投票

このコメントを気に入った人達 (2 人)けにろん[*] プロキオン14[*]

コメンテータ(コメントを公開している登録ユーザ)は他の人のコメントに投票ができます。なお、自分のものには投票できません。