コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男(2017/英)

フランスが陥落しようとする前夜、ナチスとの和平交渉を探る政敵たちを批判はできないだろう。国家の運命を左右する選択を迫られた指導者の逡巡がリアルに伝わってくる。有名演説シーンがハイライトなので、NHK番組「映像の世紀」を見ているかの様な迫力。エンディングには加古隆のピアノ音楽が流れてくるんでは、と思っちゃったほど。
AONI

同じ時期の最前線戦場を描いた『ダンケルク』がハリウッドで、ほぼ同時製作されていたのは興味深い。(オールドマンのインタビュー記事を読んだところ、それは全くの偶然だろう、とコメントしていたが、そこは「生き馬の目を抜く」ハリウッド、本当に偶然だろうか?)

ジョージ6世とのエピソードがいい。少しずつ本音を言い合い打ち解けてゆく感じが、合間、合間で上手く挿入されている。 エピソードのどこまでが真実なのかは判らないが、同一人物を描いた『英国王のスピーチ』と比較しても人物像に違和感ないので、こんな感じの人だったのかもね、と、そこでもしっくりと人物像が入ってきた。

(評価:★4)

投票

このコメントを気に入った人達 (1 人)プロキオン14[*]

コメンテータ(コメントを公開している登録ユーザ)は他の人のコメントに投票ができます。なお、自分のものには投票できません。