コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] ノーカントリー(2007/米)

撃ち抜かれた鍵にぽっかりと空いた穴のように、物語の中心となる主役が欠落しているのだが、悲劇であれ喜劇であれ主役とは映画における秩序(すなわち鍵)であり、この作品でその欠落は物語の主題に直結する確信的なものだ。特異な構造を持つ意欲作だとは思う。
ぽんしゅう

その秩序(主役)の欠落は、強奪者(ジョシュ・ブローリン)の欲望と、殺戮者(ハビエル・バルデム)の暴力と、老保安官(トミー・リー・ジョーンズ)の諦観の真ん中に、誰の手にも負えない「虚無」を浮かび上がらせるためのものであったはずだ。

しかし、まるで殺戮のアイディアと、ハビエル・バルデムの不気味な風体に酔ったかのように、コーエン演出の力点は暴力描写に傾斜し続ける。それがまた、おもしろ過ぎるがゆえに、強奪者の欲望は後半には意味不明なただの融通のきかない意地にしか見えず、老保安官の諦観の裏に潜むはずの傷ついた栄光は見えずじまいだった。

めざした作品の到達点(虚無の創作)に至る前に、自ら仕掛けた主役の欠落(映画的秩序の欠落)という高度な罠に、演出者自身が耐えきれなかったように見えた。そこに、この作品に、突出した奇妙で不気味な殺戮者の創出、あるいは時代に取り残された者の寂寥といった、せいぜい既定の枠を脱しきれない評価しか下せない限界を感じる。

強奪者に誤射された黒犬(コヨーテ?)が、うらめしげに振り向く印象的なショットがあった。大金を略奪したがために命を狙われるはめになった者も、金を取り返さなければならなくなった者も、二人の壮絶な暴力の痕跡を目の当たりにしながら正義に身をおかなければならない者も、いわばことのきっかけはとばっちりだ。皆、「誤射された黒犬」なのだ。

振り返った黒犬の視線の先に「虚無」が見えたならば、この作品は間違いなく傑作になっていただろう。なぜなら、その視線は、我々観客に向けられていたではないか。

(評価:★3)

投票

このコメントを気に入った人達 (17 人)週一本[*] おーい粗茶[*] DSCH[*] McCammon [*] これで最後 Lostie Orpheus NOM[*] 牛乳瓶 緑雨[*] すやすや[*] のらぞんざい[*] Keita[*] kiona[*] 林田乃丞[*] けにろん[*]

コメンテータ(コメントを公開している登録ユーザ)は他の人のコメントに投票ができます。なお、自分のものには投票できません。