コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] ラ・ラ・ランド(2016/米)

カメラとダンサーの動きが複雑に交錯する高速道路の乱舞のアイディアは確かに面白い。その若者たちの熱気と出世欲のエネルギーは、パーティ―の狂騒を経て、ハリウッドの夜景に閉じ込められ、物語は一瞬にして「二人の世界」へ収斂し最後まで他人の介在を許さない。
ぽんしゅう

まずは、冒頭の高速道路の乱舞シーンが突出して魅力的。逆に、その他の舞踏シーンの印象が薄い。この「高速道路の乱舞」はデイミアン・チャゼルの前作『セッション』でいえば曲芸まがいの「ドラムプレイ」シーンに相当し、一点突破のハッタリ演出で観客の目をくらまして驚きと感動を混同させてしまうのが、この監督の常套手段なのかもしれない。

ウエス・トサイド物語』や『サウンド・オブ・ミュージック』の集団ミュージカルを想像していると、冒頭のいくつかのモブシーンの後、「ラ・ラ・ランド」の喧騒はあっというまに映画から消滅してしまう。あとは、ずっと二人だけの世界。これは運命に翻弄される波乱を物語る大河歌劇ではなく、小さな恋愛をすくい取るあくまでも「MGMミュージカル」の良心的パロディなんだと一応納得。

それにしても、ずっと二人。お節介な下宿屋のおばさんとか、最後は改心する嫌味なライバルとか、厳しく冷たいけど影で援助してくれる実力者みたいな定番の善良な第三者がいない。これほど他者が介在しない、良く言えばスリムな、悪く言えば貧弱な展開もめずらしい。

ところが(『巴里のアメリカ人』みたいな転調を経て)最後の最後に気づく。二人に話を絞り込んだぶん、5年後の「もしも」が実に切ない青春回顧となって心にせまってくるのだ。この「二人の世界」の徹底ぶりは確信的ダイエット演出だったのだろうか。それとも怪我の光明だろうか。よく分からない。

あと、分からないといえば春夏秋冬の画的な違い。南カリフォルニアって季節感ゼロなんですね。

(評価:★3)

投票

このコメントを気に入った人達 (6 人)けにろん[*] おーい粗茶[*] セント[*] 3819695[*] シーチキン[*] Sigenoriyuki[*]

コメンテータ(コメントを公開している登録ユーザ)は他の人のコメントに投票ができます。なお、自分のものには投票できません。