コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] ジョーのあした 辰吉丈一郎との20年(2015/日)

どの時代のインタビューも、たとえ逆境のどん底にいて次の展開が見えないときでさえ、辰吉は今が一番面白いと言う。その語り口に悲壮感は微塵もなく明朗でクレバーだ。なのに、彼が引退しない理由だけは何故か判然としない。本当は自分にも分からないのではないか。
ぽんしゅう

母に捨てられたという思い、育ててくれた父への畏怖、いじめられた幼少期、家長としての過度な責務、全盛期に思う存分闘えなかった悔悟、それらがこじれたボクシング依存症、などなど精神分析家を気取って、いかにもそれらしい理由を並べてみても、辰吉のすべてを肯定し、闘うことをやめない生き方のまえでは、何の意味も持たないのだ。

きっと辰吉には、生きるために闘う権利を主張し続ける、いたってポジティブで正統な「ボクシングの魔物」が憑りついているのだ。「もうすぐ太陽が沈むよ。寒くなるよ」と屈託なくカメラに語りかける辰吉の、はにかみ顔が象徴的で印象に残る。

(評価:★4)

投票

このコメントを気に入った人達 (0 人)投票はまだありません

コメンテータ(コメントを公開している登録ユーザ)は他の人のコメントに投票ができます。なお、自分のものには投票できません。