コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] 立ち去った女(2016/フィリピン)

3時間48分を費やして物語りながら饒舌すぎず、ひたすら凝視し続けて寡黙すぎない不思議な語り口。99.9%の固定ショットの客観を、突如切り裂く0.01%の手持ちショットの主観の衝撃と破壊力。それは贖罪が復讐を凌駕した瞬間であり、新たな罪が生れた瞬間でもある。
ぽんしゅう

**ネタバレ注意**
映画を見終った人むけのレビューです。

これ以降の文章には映画の内容に関する重要な情報が書かれています。
まだ映画を見ていない人がみると映画の面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。







結果的に女は、生きるための根拠であった復讐心を、彼女生来の慈悲心により、他者に奪われてしまった。果たして彼女は報われたのだろうか。恨みをはく奪された者に訪れるのは、安らぎではなく虚無なのかもしれない。

30年間を無為に過ごした彼女にとって、積極的に生涯を費やすべき次の当面の目標は、失った過去(の象徴としての息子)を奪還すること、ぐらいしか残されていない。それは、当面の目標であると同時に、永遠に修復できない欠損であるにもかかわらず。

(評価:★4)

投票

このコメントを気に入った人達 (2 人)寒山[*] 濡れ鼠

コメンテータ(コメントを公開している登録ユーザ)は他の人のコメントに投票ができます。なお、自分のものには投票できません。