コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] 最前線物語(1980/米)

淡々と時間が進み、淡々と戦地を巡り、淡々と死が通り過ぎる。命を奪われないために命を奪う。決して命を奪うことが目的ではないという原理が守られている点が救い。描かれるのはドラマではなく、結果、最後まで生き残った者が綴った「戦場散文詩」のようなもの。
(★3 ぽんしゅう)

投票

このコメントを気に入った人達 (2 人)けにろん[*] 寒山

コメンテータ(コメントを公開している登録ユーザ)は他の人のコメントに投票ができます。なお、自分のものには投票できません。