コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] パンと植木鉢(1996/仏=イラン)

今、思えば79年の王政打倒が、現在の西欧対イスラムの敵対構図の引き金になっており、その後イランが国内外で選択した道は、必ずしもモフセン・マフマルバフが見た夢と同一ではなかっただろう。三人の若者に託された希望は、自らの過去との決別の証しでもある。
(★4 ぽんしゅう)

投票

このコメントを気に入った人達 (1 人)寒山

コメンテータ(コメントを公開している登録ユーザ)は他の人のコメントに投票ができます。なお、自分のものには投票できません。