コメンテータ
ランキング
HELP

ぽんしゅうさんの人気コメント: 更新順(1/123)

人気コメント投票者
★3家族はつらいよ2(2017/日)下流老人の最期を、こんなにも軽く弄んでも顰蹙を買わないなんて、そんじょそこらの若造に出来る芸当ではない。ただの通俗喜劇にみえて、創作という代替行為を笑うことで、現実の深刻さを嗤うという老映画作家の達観に、積み重ねた年季の意図せざる凄味を感じた。 [review]ロープブレーク, tredair, けにろん, 寒山[投票(4)]
★3男はつらいよ 浪花の恋の寅次郎(1981/日)涙を流さぬお文(松坂慶子)に涙し、第二のリリー登場の予感にワクワクと昂揚した私。お文が寅の膝で泣き崩れた瞬間、その夢は覚め私は龍宮城を後にした。絶世の美女・松坂を山田洋次はものにできなかった。5点にしたかったのに・・ぱーこ, 直人, けにろん[投票(3)]
★4男はつらいよ 寅次郎かもめ歌(1980/日)寅のマドンナに対する愛情が、娘に対する父親の思いとして描かれる。中年男が抱くほのかな思いと、何もできないもどかしさに説得力がありいつもの失恋騒動より好感が持てる。伊藤蘭も純情さの中にみせる、蓮っ葉さで境遇の悲しさを好演。なかなかの佳作。ぱーこ, ケネス, けにろん[投票(3)]
★3家族はつらいよ(2016/日)「さあ、今から笑うぞ」という心構えが肝心。保守主義とは市民に努力を求めるもので、この昭和印の喜劇も観客の「笑い」への積極的な参加を要求する。それさえ了解できれば、あとは山田ブランドに疑問をはさまず伝統芸に身をゆだねるのが、本作の正しい鑑賞法。 [review]ロープブレーク, KEI, tredair, jollyjokerほか6 名[投票(6)]
★4プレイス・イン・ザ・ハート(1984/米)黒人、盲人、未亡人という弱者モデルが自助と共助で自立する“あるべきアメリカ”の美しき進歩的保守賛歌(公開時の大統領はレーガンだ)。だからダメとは言わないが、神はすべての罪を赦す、みたいな終幕の“根拠なき良心”が彼らとの付き合いづらさの原因でもある。寒山[投票(1)]
★4踊る大紐育(1949/米)野暮で無垢な男3人の水兵服の白色に鮮やかに映えるテーマ色を、黄(ベティ・ギャレット)、緑(ヴェラ・エレン)、赤(アン・ミラー)に設定した衣装の色彩設計が見事。各カップルが競う歌と踊りも素敵だが圧巻はやはり6人勢ぞろいパートのにぎやかさ。 [review]ゑぎ[投票(1)]
★3巴里の屋根の下(1930/仏)大雨から一転、遠い歌声が重なる屋根の煙突群から階下の群衆の合唱へ至る音の立体設計。さらに、酒場の喧騒やガラス扉、列車の汽笛に遮られて聴こえない会話や乱闘の騒音。「見せない」と同じぐらい「聞かせない」ことの演出効果を痛感するトーキー黎明期の意欲作。ゑぎ, 寒山[投票(2)]
★4極北のナヌーク(1922/米)純粋ファミリー・アドベンチャー映画。一家は食べるため、すなわち生きるために極寒の地を移動する。狩猟の達人ナヌークは、妻2人、子供3人のためにひたすら“仕事”にはげむ。彼の“命”は一家に連なる子孫の命なのだ。ナヌークの笑顔のなんと誇らしげなこと。 [review]3819695[投票(1)]
★3スペース カウボーイ(2000/米)夢をかなえるというよりは、鬱陶しいほどの未練の末にやっとたどり着いたこの世の果てで、自分達も脳天気に加担した冷戦の悔いの塊を見るという皮肉。ロシアの衛星がひと時の熱愛の末、産み捨てられた赤子のようで不憫。ロープブレーク, 死ぬまでシネマ, 太陽と戦慄, おーい粗茶ほか6 名[投票(6)]
★3嘆きの天使(1930/独)授業まえに必ず鼻をかむ無粋に気づかず、生徒の顰蹙と蔑みの視線を薄々感じつつ、八つ当たり的厳しさでコンプレックスを癒す威厳なき裸の権威主義男は、艶麗な罠に自ら進んで堕ちた。何故なら男は小鳥のさえずりに心和ませる優しく無防備な男でもあったから。 [review]青山実花, ゑぎ[投票(2)]
★3男はつらいよ 葛飾立志篇(1975/日)眼鏡を掛けただけでどうにかなる分けもなく、樫山文枝に学問に身を捧げる女の迫力を感じないので、初めて「己を知る」ことに直面した葛藤が伝わらず主題が拡散する。初々しくも桜田淳子が堂々の存在感。続けていればいい女優さになっただろうに。 ぱーこ, けにろん, 寒山[投票(3)]
★5浮草(1959/日)小津の文法にキャメラがワンショットずつ艶をつけていく。冒頭の村を廻る役者達の俯瞰やクライマックスで中村鴈治郎と京マチ子を引き裂く豪雨のショットは明らかに宮川のアイディアだと思われ、その珠玉の美しさにあの頑な小津がついに自分を譲っている。 [review]けにろん, 動物園のクマ, ナム太郎, 3819695ほか6 名[投票(6)]
★3止められるか、俺たちを(2018/日)邦画斜陽期のどん底で映画を創り続けるために社会を挑発し続ける。映画好きの若者たちの、そんな無邪気で頑固な“意志”と、貧乏プロダクションの智恵と意地の“居直り”が、あの若松映画のアナーキーさの根源だったことが伝わるだけでファンとしては充分満足。 [review]ゑぎ[投票(1)]
★2男はつらいよ 柴又慕情(1972/日)毒にも薬にもならない底の浅い話を、これまた人畜無害な女優・吉永小百合でやったのでは面白くも何ともない。金沢のロケシーンも最低。ぱーこ, けにろん[投票(2)]
★3夏の庭 The Friends(1994/日)児童映画ということを過剰に意識してだろうか、いつもの「強引」が「流麗」にまで昇華するカメラワークが少なく相米色が薄い。定番の疾走や雨や花火や坂道や自転車も画面に与えるインパクトが弱く、ひと夏の死をめぐる物語は予定調和に行儀よく納まってしまった。けにろん[投票(1)]
★3バトル・オブ・ザ・セクシーズ(2017/英=米)ジェンダー、セクシャリティ、依存症。そんな現在進行形の深刻な話のキモを保ちつつ、恋する乙女なエマ・ストーンの戸惑いアップ顔と、お騒がせ躁男スティーヴ・カレルの空騒ぎのデフォルメで真面目に戯画化して“滑稽な史実”として描く大らかさが心地よい。 [review]けにろん[投票(1)]
★5きみの鳥はうたえる(2018/日)なんと心優しい青年たちだろう。愛おしいほど真面目で不器用だ。男二人に女一人。アメリカン・ニューシネマやヌーベルバーグの青春? いや、彼らは背伸びし“未熟さ”を露呈し権威に圧倒された。殻に籠ったこの日本の若者たちは互いの“優しさ”に戸惑いすれ違う。 [review]水那岐, ゑぎ, セント, 3819695[投票(4)]
★2カジュアリティーズ(1989/米)告発的な題材を扱っておきながら観終わった後に「いまさら何を」という感想を抱かせてしまうほど罪なことはない。残虐を描くことを目的としながら、ひたすら感傷的な音楽を垂れ流すのは、題材からの逃避であり告発行為に対する侮辱とみなされてもしかたない。 disjunctive, Myrath, けにろん[投票(3)]
★4テス(1979/英=仏)夕暮れ時に始まり、夜明けとともに話しは終わる。なかなか明けない夜を彷徨い続けたすえに、ついに自らの手で無理やり闇を葬ろうとしたが、女(ナスターシャ・キンスキー)の目は最後まで焦点を結ばなかった。テスの心象のように湿っておぼろげな風景は滅びの美。けにろん[投票(1)]
★5日日是好日(2018/日)茶室に漂う二十四節季にまで細分化された四季の空気感。その微妙なニュアンスは草木、光線、天候、掛け軸、茶菓子、衣服の丁寧で繊細な描写から立ち上がる。微細だが確実な変化。この人智を超えた自然の摂理に同化するために、凡人たちは日々ともに輪転を繰り返す。 [review]セント[投票(1)]