コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] 三人の名付親(1948/米)

荒唐無稽の物語を、名宗教画を想起させる神々しい奇跡的な絵作りと冒頭10分で全てを端的に示し追跡劇を巧みな伏線で仕掛ける作劇術で、一瞬たりとも飽きさせない。そして、
動物園のクマ

手を振るジョン・ウェインと執拗なウォード・ボンドの心変わりで、やっぱりジョン・フォードだった、と確信させてくれる締めくくり。このジョン・フォード的空気は好きではないのに、でも期待し安堵してしまう自分に、呆れながらも、また安堵する。

(評価:★5)

投票

このコメントを気に入った人達 (1 人)ゑぎ[*]

コメンテータ(コメントを公開している登録ユーザ)は他の人のコメントに投票ができます。なお、自分のものには投票できません。