コメンテータ
ランキング
HELP

るぱぱさんのコメント: 更新順

★3イリュージョニスト(2010/英=仏)途中から「抗え」という内なる声が消えず、やがて苦痛と化しました。スイマセン。[投票]
★5映画 聲の形(2016/日)微に入り細に入り作り込まれた、原作の枝葉を見事に端折った。本筋は失わず、尺に合わせて切り捨てる手腕たるや、お見事。それでいて→ [review][投票]
★3傷だらけのふたり(2013/韓国)息もできない』の劣化コピー。同じ設定、同じ話でこうも変わるというのも映画の面白さか。[投票]
★3インサイダーズ 内部者たち(2015/韓国)どこにも美しさがない。なんちゅー胸糞悪い映画だ。いろんな意味で。[投票]
★5インターステラー(2014/米)これはアレかな。「息子」じゃなくて「娘」なのは、やっぱリサ・ランドールがモデルなんかな。 [review][投票]
★3生き残るための3つの取引(2010/韓国)悪なら悪でそこに骨太の「義」があればまだ救いようもあるんだが、全員背骨のないみみっちさでどうにも救いようがない。 [review][投票]
★3監視者たち(2013/韓国)設定がいい加減でもスピード感だけあればまぁなんとか見られるという好例。実はスカスカだなぁ。[投票]
★5新しき世界(2013/韓国)周到に組まれた脚本もさることながら小道具使いの細やかさも出色の出来。 [review][投票(1)]
★311・25自決の日 三島由紀夫と若者たち(2011/日)そりゃ、日曜美術館に「美」はあっても「剛」はないわな。[投票]
★2チチを撮りに(2012/日)娘二人の「やらされてる感」バリバリの演技にもうんざりさせられたが、最後に瞬殺で評価を下げた。机上でこねくり回した家族愛だと感じるな。[投票]
★4パレードへようこそ(2014/英)ところで、いい加減この邦題の付け方はどうにかならんのか。プライドはないんか、プライドは。[投票]
★5マイ・インターン(2015/米)デ・ニーロが笑うのを見るだけで泣きたくなる。『タクシードライバー』の頃からあんたはずっとオレの憧れだよ。[投票(1)]
★4オデッセイ(2015/米)相対的にまあ、いい出来なんだけど、邦題だけは最低。 [review][投票]
★3シン・ゴジラ(2016/日)「君たちの努力を先生は誇りに思うよ」としか言いようがない。絵面は良かったのになぁ…。[投票(1)]
★3リトル・マエストラ(2012/日)なんという雪景色のきれいな町なんだ。[投票]
★2地獄でなぜ悪い(2013/日)園子温って、映画と自分は愛してるけど、世界と他人は愛してないんだと思うな。[投票]
★4ウォッチメン(2009/米)実はオープニングから音楽がツボで、最後の曲まで楽しめました。中身は(色々言いたい事はあるモノの)この長尺持たせただけでも、まあ良しかと。サントラ加点付き。[投票]
★3エベレスト 3D(2015/英=米=アイスランド)そこに山があったのは判るが、ヤマはどこにあったんだろう…。[投票(2)]
★5チョコレートドーナツ(2012/米)原題と全く関係がないのに、邦題に「チョコレート」がつく作品は大抵良くできている。[投票]
★5日本のいちばん長い日(2015/日)イロイロ言いたいことはあったんですが、とりあえず「★5つが0」と言うほどには酷くはなく、本木雅弘山崎努がエラく良かった、ということで高得点にしておきます。[投票(1)]