コメンテータ
ランキング
HELP

るぱぱさんのコメント: 更新順

★3クラウド アトラス(2012/米)つまらなくはないし、良く出来てもいるんだけど、全体に漂う自己満足感がどうにも鼻をついて…。[投票]
★4セトウツミ(2016/日)見事だ。見事にどうしようもない。でも、作り手もそれが本懐なんだろうと。[投票]
★3KUBO/クボ 二本の弦の秘密(2016/米)いい映像をつなげば名作になるわけじゃないのは分かってるのに、どうも根性論的なプラス要素が点数を押し上げてるような気がする。3+ってとこか。[投票]
★4新感染 ファイナル・エクスプレス(2016/韓国)この「まぁまぁ」楽しめる感がイイんじゃないですかね。真面目にヤラれても怖いし。[投票(1)]
★3哭声 コクソン(2016/韓国=米)どのコメントもなに言ってんのか良く分かりません。 [review][投票(1)]
★4パーフェクト・ストーム(2000/米)当初「3」を付けたんですが、何故かしばらくするとぶくぶくしたくなって、また観てしまいます。通しで3回以上観てる作品を3にするのもなんか違う気がするので、格上げにします。[投票]
★3スイス・アーミー・マン(2016/スウェーデン=米)馬鹿は低脳ではないけれど、やっぱり馬鹿は馬鹿だわ。ダニエル・ラドクリフがこのオファー受けたのはルパート・グリントの『サンダーパンツ!』へのオマージュなんだよね? そうだよね? [review][投票]
★2リトル・マエストラ(2012/日)雪景色はキレイざんすよ。それだけですが。[投票]
★3パッセンジャー(2016/米)空間も話も狭すぎる。幹が貧弱で枝も広がっていないのに、葉っぱのディティールばかり見せつけられてる感じ。 [review][投票]
★3怪物はささやく(2016/米=スペイン)苦悶の仕方が素直過ぎて、少年の存在自体がファンタジー。リアルと虚構、本筋と挿話、心情と寓意といった対になるものが、最後まで融けきらなかった印象。[投票]
★5メッセージ(2016/米)インターステラー』もそうだけど、やっぱりハードSFはそれ相応の基礎知識がないとなかなか味わいきれんわな。 [review][投票]
★3レディ・プレイヤー1(2018/米)途中から『グーニーズ』のことばかり考えてたんだけど、それは、まぁ多分に個人的理由なんだろうな。[投票(1)]
★3ラ・ラ・ランド(2016/米)突出したものが皆無で、なぜこんなに高評価なのか分からない。すべてがなにかの焼き直しのようでこじんまりとした印象。なんというか、スキマが多いんだよねえ。[投票(2)]
★4何がジェーンに起こったか?(1962/米)ベティ・デイヴィスまだ50代前半かぁ…。[投票]
★3藁の楯(2013/日)なんと言うか各々の「業」が足りないわな。[投票(1)]
★3手紙は憶えている(2015/カナダ=独)演技は良かったんだけど…。 [review][投票]
★3イベント・ホライゾン(1997/米=英)これだよ。この★分布こそが正統派B級映画の証だよ。 [review][投票]
★3イリュージョニスト(2010/英=仏)途中から「抗え」という内なる声が消えず、やがて苦痛と化しました。スイマセン。[投票]
★5映画 聲の形(2016/日)微に入り細に入り作り込まれた、原作の枝葉を見事に端折った。本筋は失わず、尺に合わせて切り捨てる手腕たるや、お見事。それでいて→ [review][投票]
★3傷だらけのふたり(2013/韓国)息もできない』の劣化コピー。同じ設定、同じ話でこうも変わるというのも映画の面白さか。[投票]