コメンテータ
ランキング
HELP

ホッチkissさんのコメント: 投票数順

★5初恋のきた道(2000/中国)はうぅぅ、チャン・ツィイー可愛いよう〜、可愛すぎるよう〜。どうしてとっとこ走るんだよう〜。[投票(25)]
★5ギリーは首ったけ(2001/米)ギャグは下品である。不謹慎である。でも愛がある。障害者を笑いのネタにしている。健常者をそうしているように。愛に差別はないとファレリー兄弟は言っている。 [review][投票(17)]
★4タクシードライバー(1976/米)都市に暮らす人々の喧噪と孤独、膨らみ続ける正義感と狂気。生きていくための現実と道徳。どこに線をひけばいいと言うのだろうか。その境界が溶けだした男の、形容しがたい「居心地の悪さ」感を観客に突き付けて見せた。[投票(14)]
★5モンスターズ・インク(2001/米)吹き替え版。はじまって10分でもうスクリーンが涙でぼやけた。笑いと感動は細部に宿る。「趣向を凝らす」ということ。 [review][投票(13)]
★5インセプション(2010/米)潜在意識のマトリョーシカ。 [review][投票(12)]
★4ジョゼと虎と魚たち(2003/日)ちょっと優しくて、ちょっとスケベで、かなり好奇心で。ちょっと正義感があって、ちょっと無責任で、かなり臆病者で。そんなツネオははなもちならない。アナタもワタシもはなもちならない。 [review][投票(12)]
★4海の上のピアニスト(1998/伊)人間が人生を賭けて追い求めるもののひとつに、「自分の居場所」があると思う。 [review][投票(12)]
★5バック・トゥ・ザ・フューチャー(1985/米)アメリカ人はいい。 [review][投票(11)]
★5ムーラン・ルージュ(2001/豪=米)あああっ!スゴイ!すばらしい!マーベラス!!劇場で観なかったワタシはなんと愚か。ニコール・キッドマンの前歯に萌え〜。 [review][投票(10)]
★4ペイ・フォワード 可能の王国(2000/米)この監督ってけっこう異能だと思います。 [review][投票(10)]
★5レオン(1994/仏=米)ワタシは二人の奇妙な関係性を描いた導入部ですっかりはまってしまい、このまま映画が終わらないで欲しいとさえ思いました。[投票(10)]
★5マトリックス(1999/米)これまで、エポックとなってきた作品同様、マトリックス以前、以後というモノができるであろう。やはり世界を動かしているのはオタクです(笑)。[投票(10)]
★5メリーに首ったけ(1998/米)まず、C・ディアスが可愛い。可愛すぎる。そして一見おバカ映画のフォーマットをとりつつ、人間への深い洞察と愛情に満ちている。実際障害者達と接する機会の多い観客ほど、その描写に感銘を受けるだろう。[投票(10)]
★5嫌われ松子の一生(2006/日)松子のような境遇の人は、現実にも存在していると思うのですよ。きっと。 [review][投票(9)]
★4あずみ(2003/日)類い希なる唇&太股の持ち主にして、剣持て行けば死屍累々。見事世のオッサン達の妄想の映像化に成功。これで気分もa girl。 [review][投票(9)]
★4猟奇的な彼女(2001/韓国)ふははは(何故笑う?)、こーゆー女の子モロタイプ。ウチの猟奇的女房と一緒だぁ(外見以外)。 [review][投票(9)]
★5少林サッカー(2001/香港)次のような方にこの映画を強くオススメします。仕事に行き詰まっている方、恋愛に悩んでいる方、自信を失っている方、やりすぎぐらいがちょうどイイと思っている方。 [review][投票(9)]
★5ショーシャンクの空に(1994/米)映画好きの知人がミラービールを手みやげに尋ねてきて一言。「ショーシャンクでうまそうだったから。」[投票(9)]
★4I am Sam アイ・アム・サム(2001/米)始まって15分でスデに涙腺全開、終わる頃にはナミダを受けるために家中の器総動員。子育てをして、子育てに不安や疑問を感じたことのある人には、特に観て欲しい。ハンカチ必携映画。いや、バスタオルだな。 [review][投票(8)]
★4アザーズ(2001/米=仏=スペイン)またもや現る、他者との関係性にこだわりすぎ異能監督。ずっとこだわり続けて欲しい。ニコール・キッドマンのガーター・ベルトに萌え〜。 [review][投票(8)]