コメンテータ
ランキング
HELP

とっつぁんさんのコメント: 更新順

★4モリーズ・ゲーム(2017/米)ジェシカ・チャステインが出ていたので見たが期待は裏切られなかった。演技、緊張感のある展開、納得のラスト。ケヴィン・コスナーは削っても良かったのでは。[投票]
★3ファースト・キル(2017/カナダ=米=英)多くの映画紹介サイトのあらすじはネタバレだと思う。とは言っても、簡単なネタだけど。[投票]
★3ヒトラーに屈しなかった国王(2016/ノルウェー)当事国には大変重要な事実であろうが、第三者として見るしかない。目先の損失が多くとも国としての存立を考慮すると国王の決断は順当なもの、特に後世から見ると、特段感銘を受けるものでない。映画としては、冗長で、最初に敵艦を攻撃するところ以外は、緊張感にかける。[投票]
★4家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。(2018/日)浅いなりに結婚を真面目に考えた作品。[投票]
★3探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点(2013/日)プロットは良いのに、マスク集団とかカーチェイスとか不要な部分が多すぎる。[投票]
★3探偵はBARにいる(2011/日)それなりに楽しめるけど、大泉洋ではハードボイルド風にしかならない。[投票(1)]
★4世界は今日から君のもの(2016/日)起伏のある話ではないが、社会に関わっているとはいえ、性格は引きこもったままの主人公を応援したくなる。門脇麦の演技が、そういう気持ちを誘う。 [review][投票]
★1マザー!(2017/米)見ている間、不快感がどんどん募っていき、最後に解消されるのかと期待したが、残念ながら裏切られた。[投票]
★2ラプラスの魔女(2018/日)櫻井翔は教授に見えない。他の俳優が頑張っても説得力も緊張感も消え失せる。[投票]
★2秘密 THE TOP SECRET(2016/日)犯人の記憶を覗いただけで精神に支障をきたすということが理解できない。[投票]
★3脳男(2013/日)爆弾犯の部分を削って、「一郎」に絞れば、もっと面白かったのではないでしょうか。[投票]
★3トロールズ(2016/米)ジャスティン・ティンバーレイクの主題歌目当てで見ましたが、映画としては、それなり。[投票]
★3エリジウム(2013/米)話は悪くないが、戦闘シーンが冗長。[投票]
★3ちはやふる 上の句(2016/日)つくえふる[投票]
★3フェリシーと夢のトウシューズ(2016/仏=カナダ)キャラクター設定がステレオタイプですが、子供向けとしては十分。[投票]
★3火曜日ならベルギーよ(1969/米)スザンヌ・プレシェット追悼記念。主題歌はよく覚えているのに、話をよく覚えていない。どなたかあらすじ書いてください。[投票]
★3ロボコン(2003/日)この手の作品は好きだし、配役も好みなのだが、今ひとつのれない。 [review][投票]
★2マンハント(2017/中国)通りで浮いてるわけだ殺し屋の一人。このキャスティングでー1★。 [review][投票]
★4マーシャル 法廷を変えた男(2017/米=中国)事実に基づいた作品ということだが、差別に関する訴えは、やや弱い感じ。法廷ものとして十分楽しめる。[投票]
★3ストレンジャー(1995/米)題材と音楽のせいでブライアン・デ・パルマを連想させる作品。カメラワークとカット割りは違いますが。[投票]