コメンテータ
ランキング
HELP

とっつぁんさんのお気に入りコメント(1/14)

ハッピーフライト(2008/日)★5 少々ネガティブな要素もあるこの映画に全面協力できた ANA と、『沈まぬ太陽』に妨害を加えた JAL。この態度の差が、二つの会社の業績の差にもあからさまに出たなと思った。 (サイモン64)[投票(2)]
ハッピーフライト(2008/日)★5 面白かったです。あっという間の2時間でした。決して綾瀬はるかの成長譚みたいな宣伝とは違う、映画の面白さがでていると思いませんか?、この映画で良かったと思う女優BEST3、第三位寺島しのぶ、第二位田畑智子、そしてmyベスト1は・・・ [review] (プロキオン14)[投票(5)]
ギャングース(2018/日)★3 愛しい3人組の青春グラフィティ。荒削りの魅力と穴ぼこが紙一重。 [review] (ペペロンチーノ)[投票(2)]
ギャングース(2018/日)★3 前半は今の日本の表と裏の日本の現状を語って辛辣にも結構おののく。スピード感もある。老人たちが貯蓄高の2/3の占有率など吾輩は知らなんだ。ということは吾輩はその希少価値ある1/3の密やかに水底に棲んでいるわけだが、、。 [review] (セント)[投票(2)]
謝罪の王様(2013/日)★3 「じゆうのめがみ〜」は、幼少期の娘が一番切れがよい。 [review] (らーふる当番)[投票(3)]
謝罪の王様(2013/日)★3 マンタンのくだり辺りから急激につまらなくなっていった。 [review] (IN4MATION)[投票(1)]
マタンゴ(1963/日)★5 「理性的に生きること」が「人間」なのか?本作はそれらを全て否定する。 [review] (荒馬大介)[投票(8)]
マタンゴ(1963/日)★5 観たい観たいと念じつづけたこの映画、彼氏と二人でついに悲願の上映会。大興奮のうちに一夜明けて・・・私「やった!うなされた!」彼「俺もだ!」・・・ねえ、この感動新しくない? [review] (はしぼそがらす)[投票(25)]
マタンゴ(1963/日)★5 どうして今は、こういう作品をつくれないんだろう。 [review] (テトラ)[投票(11)]
君に届け(2010/日)★3 爽子を演じられる女優が存在したとは!!ちゃんと“貞子感”が出ていて、それでいてちゃんと可愛いなんて・・・多部未華子、素晴らしい!!三浦春馬も、風早の爽やかさだけでなくいやらしさも出ていて良かった。(原作のネタバレ含む→) [review] (カルヤ)[投票(4)]
君に届け(2010/日)★5 泣き所は友情シーン。2時間以上と長い映画ですが、胸を打つシーンが多く、飽きずに観られました。 [review] (Tony-x)[投票(4)]
君に届け(2010/日)★4 まさに主人公の爽子のようにまっすぐで地道な作り。 [review] (きわ)[投票(5)]
君に届け(2010/日)★4 恋愛より、女の子同士の友情がいい。友情の描かれ方が素晴らしくて、恋愛はまるで付け足しみたいだ。 [review] (青山実花)[投票(4)]
グレタ GRETA(2018/アイルランド=米)★4 イザベル・ユペールが怖すぎる。ありきたりの話ではあるが、ユペールが怖さ全開で、夢に出そうだ。どうせならクロエ・グレース・モレッツも連れて出てきて欲しい。 (シーチキン)[投票(1)]
MW -ムウ-(2009/日)★3 原作の面白さを知ってる者が観ると設定や解釈の違いに呆然とするであろう。けれど原作を知らずして観ても、それなりに観られる気もする。しかし、本作の、はしょった後半の急展開は、やはり原作を読んでいないと解らないであろう。玉木宏は健闘しており、尻込みした製作陣をよそに、これなら原作通りでも演じ切れた様な勢いを感じた。 [review] (TOBBY)[投票(4)]
女は二度決断する(2017/独)★4 邦題について考える。 [review] (プロキオン14)[投票(4)]
スターリンの葬送狂騒曲(2017/仏=英=ベルギー=カナダ)★3 言うほどブラックでもコメディーでもない。だって、こんな国じゃん。 [review] (ペペロンチーノ)[投票(1)]
ジャッカルの日(1973/米)★3 説明的描写をこれだけ削ぎ落として、なおこれだけの判り易さを保つのは相当なもの。無機質な工業製品の美とでも云うようなミニマリステックな味わいがある。 (マッツァ)[投票(5)]
ジャッカルの日(1973/米)★5 俺は断じてジャッカルを応援する。 [review] (ヒエロ)[投票(2)]
ジャッカルの日(1973/米)★4 なかなか優秀でありながら、どうしても後手後手にまわってしまう捜査陣。どこでジャッカルに追いつくかが楽しみだった。どちらに肩入れする事もなく、イライラする事もなく、落ち着いて観られる傑作。 (青山実花)[投票(2)]