コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] カルメン故郷に帰る(1951/日)

風が強い日に撮ったんだね。
氷野晴郎

映画史の潮流からみて(初カラー)意義深い作品。

と同時に木下監督の幅の広さも伺える一方、二十四の瞳とまるで正反対な高峰秀子の露出も垣間見えるお得な作品だ。

(評価:★4)

投票

このコメントを気に入った人達 (0 人)投票はまだありません

コメンテータ(コメントを公開している登録ユーザ)は他の人のコメントに投票ができます。なお、自分のものには投票できません。