コメンテータ
ランキング
HELP

甘崎庵さんのコメント: 更新順

★4原子力戦争 Lost Love(1978/日)日本映画ではほぼ唯一の完璧なフィルム・ノワール。 [review][投票]
★2土竜の唄 香港狂騒曲(2016/日)三池崇史監督宮藤官九郎脚本の続編。これだけで「観てはいけない」というシグナルが鳴ってるのに、劇場で見た私が一番駄目だった。 [review][投票(1)]
★3けんか空手 極真無頼拳(1975/日)あふれ出る70年代汁! [review][投票]
★3土竜の唄 潜入捜査官REIJI(2014/日)物語とか設定とか相当に酷いんだけど、ノリとキャラだけで充分以上に楽しい作品を作る事が出来る。ある種監督の底力を感じさせる作品だった。 [review][投票]
★2リアル鬼ごっこ(2015/日)原作を含め、これまでの「リアル鬼ごっこ」の中では最高の出来。[投票]
★2チャーリー・モルデカイ 華麗なる名画の秘密(2015/米)デップがイギリス紳士というのが最大のジョークだろう。しかもとびっきり嫌味な。[投票]
★3刑事ジョン・ブック 目撃者(1985/米)秀でた部分を最も効果的に用いた好作。 [review][投票]
★2海賊とよばれた男(2016/日)お上品すぎてあくびが出た。 [review][投票]
★5ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー(2016/米)フォースの覚醒』で置き忘れた魂を取り戻した作品。ギャレスがここまでやってくれるとは。 [review][投票(1)]
★5この世界の片隅に(2016/日)自分の心を映し出す「鏡」のような作品。この領域に踏み込めたアニメはほとんど存在しない。 [review][投票]
★3刑事コロンボ 死者のメッセージ(1977/米)コロンボにとって最大の好敵手だったと思われる。 [review][投票]
★3イン・ザ・ヒーロー(2014/日)CGもワイヤーもなしという設定のスタント描写がCGとワイヤー多用してる。これって映像表現の虚実を皮肉ったの?それともツッコミ待ち?[投票]
★3刑事コロンボ 黄金のバックル(1976/米)崖で告白すれば完璧だった(何が?) [review][投票]
★5サウルの息子(2015/ハンガリー)たとえ生きることを諦めた中でも、希望は持てる。 [review][投票(1)]
★3ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅(2016/英=米)何だかんだ言って、私の好きなものがちゃんと入っていてくれたのでこれで良し。 [review][投票]
★3クレヨンしんちゃん オタケべ!カスカベ野生王国(2009/日)一応新生クレしんなんだけど、安定しすぎてて、逆に個性が見えない。 [review][投票]
★3インフェルノ(2016/米)はっきり言おう。「飽きた」 [review][投票]
★3クレヨンしんちゃん ちょー嵐を呼ぶ 金矛の勇者(2008/日)素直に楽しい作品だと思う。ただ、初期作品の縮小版みたいな感じで、もう少し突き抜けて欲しかったところ。 [review][投票]
★3スター・トレック BEYOND(2016/米)これは本物のトレッキーにしか書けない脚本だ。 [review][投票(2)]
★3クレージー大作戦(1966/日)クレイジーキャッツの最高作品とは言わないけど、最もバランスの取れた作品かも。 [review][投票]