コメンテータ
ランキング
HELP

甘崎庵さんのコメント: 投票数順

★5博士の異常な愛情 または私は如何にして心配するのを止めて水爆を愛するようになったか(1964/英)この邦題は明らかに誤訳。しかし、敢えてそれを名訳と言いたい。 [review][投票(37)]
★5少林サッカー(2001/香港)確信。この作品を境に、香港功夫映画は変わっていくだろう。変わって行かざるを得ない。 [review][投票(36)]
★5フルメタル・ジャケット(1987/米=英)銃によって変えられてしまう人間性。 [review][投票(36)]
★5ジョーズ(1975/米)これを傑作たらしめてるのは、視線! [review][投票(30)]
★1パール・ハーバー(2001/米)これ程のお笑い映画を巨費をかけて作ったアメリカの底力を見ました。 [review][投票(29)]
★5イノセンス(2004/日)さあ、来たぞ来たぞ。祭りだ祭りだ!(電波入りで舞い上がってます) [review][投票(26)]
★5ブレードランナー(1982/米)あなたの見る夢はどんな夢です? [review][投票(22)]
★3もののけ姫(1997/日)私にここまで両極端な評価を併せ持つ作品を見せつけるとは凄すぎ。最高の部分と最低の部分を併せ持つこの作品、私にとってはこの上なく貴重だ。こんな奇跡のような評価をさせる作品は他にないぞ。 [review][投票(22)]
★5うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー(1984/日)これで道を誤った馬鹿者がここに。(大幅加筆。すっげ〜長えです) [review][投票(21)]
★1デビルマン(2004/日)もし点数にマイナスが付けられるんだったら、いくらでも付けてやりたい。少なくとも、これから那須監督の名前を見ただけで不快な気分になるのは確定。 [review][投票(20)]
★5裏窓(1954/米)「作家はペンこそが武器だ」と言う。だとすれば、カメラマンの武器はカメラをおいて他はない。いろんな意味で。 [review][投票(20)]
★5セブン(1995/米)この作品は本当に衝撃的だった。何よりコテコテのB級猟奇作品をここまで魅せる事に成功させてるのだから。 [review][投票(20)]
★5崖の上のポニョ(2008/日)最低レベルを突き抜けてしまった、“最強”作品。これ完璧に狂ってる。 [review][投票(19)]
★5ミリオンダラー・ベイビー(2004/米)今の私にとって、“責任”という言葉の重さを感じさせてくれた作品になりました。だから映画は止められません。 [review][投票(19)]
★5未来世紀ブラジル(1985/英=米)目を覚ましたまま飛びっきりの悪夢を与えてくれる監督テリー=ギリアム。彼の撮る、そして与えてくれる世界こそ、私にとって何よりの快楽装置だ。 [review][投票(19)]
★4ガメラ3 邪神〈イリス〉覚醒(1999/日)ストーリー重視派が観たら「最低作品」になってしまうし、格好良い怪獣をみたいという人間だったら多分「最高作品」になってしまうだろう。どっちの言い分も分かるし、私としてはそのどっちでもあるわけで…難しいなあ。 [review][投票(19)]
★5チャップリンの 独裁者(1940/米)映画の中には、その時代の背景を考えて観るべき映画と言うのが確かにある。そして間違いなく、この映画はその筆頭だろう。 [review][投票(19)]
★4クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲(2001/日)あ〜あ、こんなレビュー書くなんて、私は本当にひねくれ者だ。 [review][投票(19)]
★5雨に唄えば(1952/米)一番の見どころは笑顔!これに尽きる。 [review][投票(19)]
★4海底軍艦(1963/日)流線型ボディの先端にドリル!これこそ格好良さ! [review][投票(18)]