コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] 俺は待ってるぜ(1957/日)

弟を常にスーパーマンとして描く兄の脚本には感心する。
甘崎庵

**ネタバレ注意**
映画を見終った人むけのレビューです。

これ以降の文章には映画の内容に関する重要な情報が書かれています。
まだ映画を見ていない人がみると映画の面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。







 実兄である石原慎太郎の脚本で、同名主題歌もヒットした、石原裕次郎を“格好良く撮る”ために作られた映画。ここでの役どころは世を拗ね、日本を逃げ出すことしか考えてなかった男だが、その実は熱血漢でとても強い存在。と言ったところ。

 確かにこれは格好良いと思うし、ラストの二谷英明との戦いは見所充分。

 …それは確かだが、ストーリーが丸分かりの上に全編に渡り石原裕次郎しか出てないので、ちょっと引く。

(評価:★3)

投票

このコメントを気に入った人達 (0 人)投票はまだありません

コメンテータ(コメントを公開している登録ユーザ)は他の人のコメントに投票ができます。なお、自分のものには投票できません。