コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] 恋妻家宮本(2017/日)

これだけステルスマーケティングに特化した作品は初めて観た。
甘崎庵

**ネタバレ注意**
映画を見終った人むけのレビューです。

これ以降の文章には映画の内容に関する重要な情報が書かれています。
まだ映画を見ていない人がみると映画の面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。







 作品の出来そのもので言うなら、テレビサイズで作った方が良いくらいの小粒感溢れる話で、これと言って話すべき部分はない。

 まずはなんせ夫婦で観たと言う事がネック。離婚届で激しく動揺する阿部寛の姿を観てると、なんというか身につまされるところがあって、ちょっと心に痛みを覚えた。ちょっと横に座ってる嫁さんの視線を感じたような感じてないような…

 それと、単純な物語でも演出がちゃんとしてる。それでちゃんと盛り上がるべき所は盛り上がってる。それで横で観ていた嫁さんが涙を流してるのに気づいた。

 それでやっと映画の観方というのに気づいてしまった。

 映画ってのは、複雑に考えなくても良いのだ。

 確かに映画というのを深く考えればいくらでも深く考えられるし、故にこそこういった単純明快な物語は「物足りない」と思ってしまうこともある。だけど、作品を観て、単純に心動かされて涙を流すという、映画はそれだけでも充分映画として成り立ってるのだ。

 映画ってこう言うので良いんだ。いや、映画ってのは、こう言うのが良いんだ。ようやくそれを知ったのは大収穫と言えよう。

 あと、細かいところだが、これだけ宣伝効果をぶち込んだ作品が作られたってのが驚きでもある。映画に出てくるもののほとんどが、ちゃんとメーカーが分かるように作られてる。冒頭のデニーズだけはメーカー名まで言っているが、それ以外のほとんどはメーカー名こそ言わないが、ちゃんとメーカー統一して、どこから協賛受けているのか分かるように出来てる。いわゆるステルスマーケティングというやつだが、それが明確に出ているのが面白い。こう言うのも映画としては「あり」なんだろうな。

(評価:★3)

投票

このコメントを気に入った人達 (0 人)投票はまだありません

コメンテータ(コメントを公開している登録ユーザ)は他の人のコメントに投票ができます。なお、自分のものには投票できません。