コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] グレイテスト・ショーマン(2017/米)

これじゃ短すぎ。
甘崎庵

**ネタバレ注意**
映画を見終った人むけのレビューです。

これ以降の文章には映画の内容に関する重要な情報が書かれています。
まだ映画を見ていない人がみると映画の面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。







 本作でも最初は場末の見世物小屋から始め、そこに歌や踊りを加え、更に常識外の軽業なども入れるようになっていき、最後に固定の場所から離れて巡業を中心としていくという過程を経て、近代的なサーカスっぽくなっていく様子を過程を追って描かれていた。

 その事業の成功だけでなく、無理してスウェーデンの歌姫をアメリカに呼んで夫婦の危機に陥ったり、市民運動団体との戦いなどもあって、大変盛りだくさんな内容になってる。

 特に本作で注目点は差別の問題をちゃんと焦点にしていると言うことだろう。

 バーナムがやったことは、いわゆるフリークスと言われる人々に仕事を与えたということになる。

 彼らは元々隠れて住むか、誰か金持ちの慰み者としてしか生きる事が出来なかったが、そんな彼らに自分自身の力で働く喜びを与えた。

 一方的な見方であれば、それはバーナムの功績だろう。だがこの問題はなかなか厄介で、そういった人たちを公衆の面前に晒して金を取ることは人権問題にも発展する(これについては『フリークス』(1932)を参照)。本作ではバーナム擁護のためか、批判者は街の景観を汚すという差別主義者っぽくなっていたが、そういう人権主義者もあの中にはいたはずである。

 その上でちゃんとポリティカル・コレクトネスに配慮して映画を作っているバランス感覚は良く出来ていると思う。

 ただ、それを通して言いたいことは、これだけの内容があって、しかもミュージカルパートに時間を取られるので、本来この作品は150分はないと作品として成り立たない。110分そこそこでは全部流して終わってしまうので、あまりにあっけなく終わってしまった気がする。

 もう少し時間取れれば軽快さと同時に重厚さを併せ持った物語になっていたものを、少々勿体ないと思う。

(評価:★3)

投票

このコメントを気に入った人達 (1 人)けにろん[*]

コメンテータ(コメントを公開している登録ユーザ)は他の人のコメントに投票ができます。なお、自分のものには投票できません。