コメンテータ
ランキング
HELP

甘崎庵さんの人気コメント: 更新順(1/88)

人気コメント投票者
★2土竜の唄 香港狂騒曲(2016/日)三池崇史監督宮藤官九郎脚本の続編。これだけで「観てはいけない」というシグナルが鳴ってるのに、劇場で見た私が一番駄目だった。 [review]もがみがわ[投票(1)]
★3日本で一番悪い奴ら(2016/日)久々の実録犯罪もの。楽しませてもらった一方、やっぱり時代は代わってるんだという一抹の寂しさも。 [review]がちお[投票(1)]
★4教授と美女(1941/米)二大巨匠の共作は見事なかみ合いを見せている。 [review]なつめ, 濡れ鼠[投票(2)]
★5ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー(2016/米)フォースの覚醒』で置き忘れた魂を取り戻した作品。ギャレスがここまでやってくれるとは。 [review]Orpheus[投票(1)]
★5崖の上のポニョ(2008/日)最低レベルを突き抜けてしまった、“最強”作品。これ完璧に狂ってる。 [review]カプリコーン, cubase, 赤い戦車, かずまほか20 名[投票(20)]
★4劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編] 叛逆の物語(2013/日)あるいはこのタイトルは『[新編]上書きの物語』としても良かった。 [review]なつめ, サイモン64, MSRkb, 4分33秒[投票(4)]
★4スター・ウォーズ フォースの覚醒(2015/米)こんなちゃんとした作品を作るなんて、JJはトレッキーの風上にも置けん奴だ。 [review]KEI, ロープブレーク[投票(2)]
★5サウルの息子(2015/ハンガリー)たとえ生きることを諦めた中でも、希望は持てる。 [review]ロープブレーク[投票(1)]
★3歌え!ロレッタ愛のために(1980/米)なんでも元々がカントリー歌手志望だったそうで、これこそはまり役という奴だったのかも知れません。 [review]死ぬまでシネマ[投票(1)]
★3名探偵ホームズ劇場版 青い紅玉の巻/海底の財宝の巻(1984/日=伊)宮崎駿が本来のフィールドに帰ってきた!と当時は思ったのですが、今にして思うと、本来のフィールドってなんなんでしょう? [review]DSCH[投票(1)]
★3下町の太陽(1963/日)山田監督が倍賞千恵子に求めたものとは? [review]けにろん, りかちゅ, 直人, TOMIMORI[投票(4)]
★4君の名は。(2016/日)公開前は「なんて派手な自殺方法なんだろう」とか思ってたけど、最高傑作が出来てしまった。(レビューは感想では無く考察です) [review]ロープブレーク[投票(1)]
★3スター・トレック BEYOND(2016/米)これは本物のトレッキーにしか書けない脚本だ。 [review]YO--CHAN, ロープブレーク[投票(2)]
★4追想(1956/米)何という存在感! [review]けにろん, 死ぬまでシネマ, りかちゅ[投票(3)]
★4刑事物語(1982/日)吉田拓郎が歌う「唇をかみしめて」は私のカラオケの定番ソングです(一般用だけど)。 [review]IN4MATION, junojuna, けにろん[投票(3)]
★4ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー(2014/米)監督のベーコンラブがビンビンに伝わってくるよ。凄まじいほどに。 [review]ロープブレーク[投票(1)]
★5ウォッチメン(2009/米)正直、本作の感想としては、「打ちのめされた」というのに近いものがあります。見事な“衝撃”でした。原作は何としてでも読まねば。 [review]Orpheus, ミュージカラー★梨音令嬢, 佐保家, SOAPほか9 名[投票(9)]
★3フロント・ページ(1974/米)ワイルダーは最晩年になって、本当の意味でルビッチ・スタイルを手に入れたのかも知れない。しかし、本来ワイルダー作品で面白い部分はそこではなかったんじゃないか? [review]けにろん, 寒山[投票(2)]
★3トランスフォーマー ロストエイジ(2014/米)ベイ監督作品を観続けて悟ったことが一つ。“突き抜けた馬鹿は逆に素晴らしい”。 [review]Orpheus[投票(1)]
★3ラスト サムライ(2003/米=ニュージーランド=日)散る桜は武士道に喩えられますが、もしその桜が長持ちするなら、どうなるんでしょう?(以下は、あまりと言えばあまりの細かすぎるつっこみ満載です。読まれる方は気を悪くする覚悟を持ってくださいませ) [review]irodori, りかちゅ, Aさの, 映画っていいねほか16 名[投票(16)]