コメンテータ
ランキング
HELP

プロキオン14さんのコメント: 更新順

★4レゴバットマン ザ・ムービー(2017/米)私は知らなかったが、この映画の随分以前からレゴ✖DCはビデオムービーがいくつも製作されていたので、もうお手のものだと思うが、なかなかスケールの大きな作品でした。 [review][投票]
★3アサシン クリード(2016/英=仏=米=香港)ファスベンダーがアクション映画?というのに驚いたが、アクションは面白かった。でもこれは「人気ゲーム」の映画化だそうで、そういうのに疎い私は、「その世界観」みたいなものに置いて行かれた。 [review][投票]
★3王様のためのホログラム(2016/米)なんか「疲れ切ったトム・ハンクス」なんだが、なぜだかモテモテだぞ?うらやましいじゃないですか? [review][投票]
★4ムーンライト(2016/米)私の見方は少し違う。(レビューは、超長めになってしまいました) [review][投票(5)]
★4ラスト5イヤーズ(2014/米)ミュージカル大好きな私。今回も楽しく鑑賞。・・・でもちょっと私の評価は低いよ(それでも4点はあげ過ぎ?)もう一度見たら、『ラ・ラ・ランド』のように好きになれるのかな? [review][投票]
★4バトルフロント(2013/米)私はちょっとステイサム主演の映画の採点に甘いかもしれないが、この映画はなかなかアクション以外にも見せ場が多く、骨太で、いつもよりも「重い」印象。 [review][投票]
★3雨の日は会えない、晴れた日は君を想う(2015/米)なかなか感情移入しづらい映画だ。「誰に」感情移入するかも含めて。 [review][投票]
★5ラ・ラ・ランド(2016/米)加筆:2回目の鑑賞で、5点に格上げしました。映画としても、「ミュージカル映画」としても。2回見てみるものだ。 [review][投票(2)]
★3バースデイ・ガール(2001/英=米)ネットで「宅配花嫁」を注文したら、ロシア語を話すニコール・キッドマンが送られてきた。もうこれだけで大満足。 [review][投票]
★3ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち(2016/米)だいぶ対象年齢は低め。子供たちも、敵側も、判りやすい。小さい子供と、子供が楽しめれば満足な親が良ければいい、という映画かな? [review][投票]
★3誰のせいでもない(2015/独=カナダ=仏=スウェーデン=ノルウェー)誰のせいでもない?そんなワケない。 [review][投票]
★3天使にショパンの歌声を(2015/カナダ)邦題からして、『天使にラブソングを』的な映画を想像させたいんだと思うけど、だいぶ「お堅い」印象の映画です。 [review][投票]
★3未来よ こんにちは(2016/仏=独)アスファルト』『母の残像』に続き、今年はまだ3月なのに、三作目のイザベルの主演映画鑑賞。もっとトキメく映画かと思った。 [review][投票]
★4すれ違いのダイアリーズ(2014/タイ)主人公が、二十代の頃の香取慎吾っぽい。ならば、エーン先生は常盤貴子か? [review][投票]
★3エリザのために(2016/ルーマニア=仏=ベルギー)気持ちの落とし所のない、とても苦みが伴う映画。 [review][投票(1)]
★3パパが遺した物語(2015/米=伊)私は映画のストーリーの上での「都合のよい波風」が好きではない。そういったものが溢れた映画って、ときどきあるから、映画をみながら、私はすこしだけ目をそらした。 [review][投票]
★2エヴォリューション(2015/仏=スペイン=ベルギー)映画のエボリューション(進化)がこれなら、進化なんて要らない。 [review][投票]
★4マイケル・ムーアの世界侵略のススメ(2015/米)そのまんま、日本にも持ち帰ってもらいたいことばかりでした。 [review][投票]
★2素晴らしきかな、人生(2016/米)ちっとも素晴らしくなんかない! [review][投票]
★3グリーンルーム(2015/米)最強は○と○○○。 [review][投票]