コメンテータ
ランキング
HELP

プロキオン14さんのコメント: 更新順

★4すれ違いのダイアリーズ(2014/タイ)主人公が、二十代の頃の香取慎吾っぽい。ならば、エーン先生は常盤貴子か? [review][投票]
★3エリザのために(2016/ルーマニア=仏=ベルギー)気持ちの落とし所のない、とても苦みが伴う映画。 [review][投票(1)]
★3パパが遺した物語(2015/米=伊)私は映画のストーリーの上での「都合のよい波風」が好きではない。そういったものが溢れた映画って、ときどきあるから、映画をみながら、私はすこしだけ目をそらした。 [review][投票]
★2エヴォリューション(2015/仏=スペイン=ベルギー)映画のエボリューション(進化)がこれなら、進化なんて要らない。 [review][投票]
★4マイケル・ムーアの世界侵略のススメ(2015/米)そのまんま、日本にも持ち帰ってもらいたいことばかりでした。 [review][投票]
★2素晴らしきかな、人生(2016/米)ちっとも素晴らしくなんかない! [review][投票]
★3グリーンルーム(2015/米)最強は○と○○○。 [review][投票]
★4トリプルX:再起動(2017/米)こういうド派手なアクション映画に、次々に中国資本が入り、露骨に「中国向けサービス」が溢れる映画が増えたが、それがドニー・イェンならば、私は大歓迎だ! [review][投票]
★3クリミナル 2人の記憶を持つ男(2016/英=米)ありきたりの陰謀に、ありきたりの展開だけど、このコスナーは、嫌いじゃないんです。 [review][投票]
★4アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場(2015/英=南アフリカ)戦争は、「現場」じゃなく、「会議室」で起きている。という「踊る」的な宣伝文句と 邦題。ヘレン・ミレンアラン・リックマンのベテランが圧倒的にすごいです。 [review][投票(1)]
★3トッド・ソロンズの子犬物語(2015/米)予告編で「人でなし?」なんた言葉が使われていたが、それ以上ですね。 [review][投票]
★4ラ・ラ・ランド(2016/米)まだ4点。「映画として」面白かったです。「ミュージカル映画として」面白いかは、二回目以降のお楽しみです。 [review][投票]
★4ショコラ 〜君がいて、僕がいる〜(2015/仏)ムーランルージュ』に出てきた「ショコラ」という登場人物は、この映画のショコラがモデルなのかな? [review][投票]
★4ヒッチコック/トリュフォー(2015/仏=米)ヒッチコックと、トリュフォーのインタビューは、聞くだけでワクワクするし、10人の監督の話も興味深いけど、ヒッチコック映画の名場面が次々と出てくるので、何よりそれが楽しい。[投票]
★2ネオン・デーモン(2016/米=仏=デンマーク)昼ドラ的な女たちの嫉妬と陰謀が渦巻く、破滅的な美の世界・・・というイメージを抱いて観たのですが、だいぶ裏切られた印象。 [review][投票]
★3マリアンヌ(2016/米)この共演で、ブラピはコティヤールによろめいて、アンジーと泥沼の離婚劇を繰り広げているらしいが、よろめきたくなるほど、コティヤールが魅力的でした。 [review][投票]
★3ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期(2016/英=仏=米)第一作から15年ぐらいたったが、前作の「ドタバタ」から比べたら、だいぶすっきりした印象。ただ「ブリジット・ジョーンズらしく」はない。 [review][投票]
★3夕暮れにベルが鳴る(1979/米)エレファントマン』と同時上映。そっち目当てで見に行った子供たちは、結構トラウマになったよ。 [review][投票(1)]
★4ジャック・リーチャー NEVER GO BACK(2016/米)邦題が、前作の『アウトロー』から、原題の『ジャック・リーチャー』になったのは賛成だが、それに伴い「アウトローさ」も減った。でも、このシリーズは好きです。 [review][投票]
★4マダム・フローレンス! 夢見るふたり(2016/英)フランス版の『偉大なるマルグリット』を見損ねてしまったから、比較できないのが残念。 [review][投票]