コメンテータ
ランキング
HELP

プロキオン14さんのコメント: 更新順

★3レ・ミゼラブル(2019/仏)尾崎豊の『卒業』か、ミスチルの『タガタメ』か。(レビューは長文) [review][投票(1)]
★31917 命をかけた伝令(2019/英=米)「ワンカット風」ばかりがクローズアップされるが(というより、それをウリにしてる)、やはり見どころがそこに集約されてしまっている。 [review][投票(1)]
★3スキャンダル(2019/米)三大女優は眼福だった。カズ・ヒロ氏(オスカーおめでとう)のメイキャップで「そっくり」になっていたらしいのは、私たちにはあまり判りませんでしたが。 [review][投票(1)]
★3チャーリーズ・エンジェル(2019/米)また安易なリメイクか〜と思ったが(実際は「続編」)、クリステン・スチュワートとチャリエンは、意外と相性はよかった。 [review][投票]
★4ロング・ショット 僕と彼女のありえない恋(2019/米)もし私がアメリカ人で、シャリーズ・セロンが大統領候補になったら、投票するよ! [review][投票]
★3イントゥ・ザ・スカイ 気球で未来を変えたふたり(2019/英=米)気球に乗った映像は、臨場感があって、美しいものだった。そしてフェリシティ・ジョーンズは魅力的だった。映像は★4、脚本は・・・★3かな。 [review][投票]
★4グッドライアー 偽りのゲーム(2019/米)これは、主演二人の演技力のなせる業。いい映画です。 [review][投票]
★4男と女 人生最良の日々(2019/仏)元の映画はもちろん、「2」も見ていませんが、見ていなくても筋書きが判るように作られています。そして「美しい映画」でした。 [review][投票]
★49人の翻訳家 囚われたベストセラー(2019/仏=ベルギー)なかなか面白い映画でした。何気にキャスティングが豪華です。 [review][投票]
★5マリッジ・ストーリー(2019/米)よく練られた脚本に加え、スカヨハとアダム・ドライバーの最高の熱演。二人のオスカー主演賞ノミネートも納得です。ですが、ローラ・ダーンの助演賞受賞は逆にびっくりです。もっと他の作品で獲らせてあげたかったね。 [review][投票(1)]
★4残された者−北の極地−(2018/アイスランド)マッツ・ミケルセンが日本向けに作った予告編の中で「<生きること>と、<生き延びること>の違いを感じてほしい」と言っていた。それを感じることができましたよ。 [review][投票]
★3テッド・バンディ(2019/米)映画ポスターに大きく書かれた「極めて邪悪、衝撃的に凶悪で卑劣」というアオリ文は、「原題直訳」だったんですね。製作も務めたザックは、テッド・バンディを演じるのに最適な「知的な美形俳優」ですね。 [review][投票(1)]
★4テルアビブ・オン・ファイア(2018/ルクセンブルク=仏=イスラエル=ベルギー)さらっと軽いコメディタッチに描かれているが、内容は実は深刻で、コメディにせざるを得ない側面もあるんでしょうね。 [review][投票]
★3パリの恋人たち(2018/仏)原題「忠実な男」→邦題「パリの恋人たち」。毎度毎度怒ってますが、本ッ当に邦題つける人って「パリ」「NY」「幸せ」が好きなんだな。見た2週間後には忘れちまうよ。 [review][投票]
★4ジョジョ・ラビット(2019/米)スカヨハ史上、最高にいい女を体現している。ただの小娘だと思っていたら、いつの間にか、素敵な女優に成長していた。[投票]
★3冬時間のパリ(2018/仏)フランスは「愛の国」と、もう一つ「議論の国」なんでしょうか?そういう映画を最近いくつか見た気もします。 [review][投票(1)]
★42人のローマ教皇(2019/英=伊=アルゼンチン=米)これはアンソニー・ホプキンスと、ジョナサン・プライスの二人の演技力の賜物の映画です。ローマ教皇が身近に感じるようになりました。 [review][投票(1)]
★4再会の夏(2018/仏=ベルギー)いぬのえいが。 [review][投票]
★4THE UPSIDE/最強のふたり(2017/米)なによりも、ニコール・キッドマンが美しい。私と同い年なのに、何であなたはそんなにも美しいんですか?惚れてまうやろ〜。 [review][投票]
★5家族を想うとき(2019/英=仏=ベルギー)もう、見終わった後には、どっと疲れました。でも泣いてるヒマはない。 [review][投票(1)]