コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] ザ・シークレットマン(2017/米)

リーアム・ニーソン主演で、この邦題なら、またバリバリのアクションみたいだが、邦題直訳そのまんまのポリティカル・サスペンス。名前だけ知ってた「ウォーターゲート事件」を詳しく勉強できました。
プロキオン14

**ネタバレ注意**
映画を見終った人むけのレビューです。

これ以降の文章には映画の内容に関する重要な情報が書かれています。
まだ映画を見ていない人がみると映画の面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。







邦題直訳「マーク・フェルト:ホワイトハウスを倒した男」そのまま、ウォーターゲート事件において重要な役割を果たしたFBIの副長官マーク・フェルトを主人公にした、ド直球な政治ドラマ。これと『ペンタゴン・ペーパーズ』と、こういう話が映画として公開されるというのは、なかなかすごい話、アメリカならでは。この作品など、アカデミー賞候補になってもよさそうなのに、全くなりませんでした。またノミネートされながらも無冠だった『ペンタゴン・ペーパーズ』も含めて、「忖度」があった?、いずれにしても日本ではぜったいそんな映画は制作されないだろうから、すごいね。

リーアム・ニーソン、やっぱりアクションよりも、こういう作品のほうが本当は似合います。黒いスーツをビシッと着こなし、凛とした佇まいは、本当に「正義」を体現していました。正義というよりも不可侵であるべきFBIとしての「意地」も感じられた。

俳優陣も、そこそこ名前のある演技派たちが名を連ねている。ちょっと登場人物が多いので、キャストで役名をみても、「えぇっと、どの役だったっけ?」と混乱したことは告白します。

「今のアメリカ」「今の日本」にも耳の痛い映画ですね。「民主党支持」「共和党支持」によって見方が違う映画なのかな?

(評価:★4)

投票

このコメントを気に入った人達 (0 人)投票はまだありません

コメンテータ(コメントを公開している登録ユーザ)は他の人のコメントに投票ができます。なお、自分のものには投票できません。