コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書(2018/米)

これは「前編」。後編の『ザ・シークレットマン』と連続してみると面白いです。
プロキオン14

**ネタバレ注意**
映画を見終った人むけのレビューです。

これ以降の文章には映画の内容に関する重要な情報が書かれています。
まだ映画を見ていない人がみると映画の面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。







日本ではほぼ同時期に公開された2作。どちらも現役のニクソン大統領に対する不正を告発する内容で、ウォーターゲート事件「まで」と、「から」の内容でしたね。ばんばん実名人物が登場します。もうひとつ『大統領の陰謀』('76)もそうだが、悪いことは「悪い」と、大統領相手であってもちゃんと追及できる国なんだというのは、ちょっとうらやましいし、そういうものがちゃんと「映画」になるというのがすごいし。わが国では、報告書の改ざんとか、日誌の隠蔽とか、ため息が出そう。今の時代にこんな映画が製作されるのは、少なからず、トランプ大統領に対する、ハリウッドとしての「意思」を感じる。(企画自体はきっと就任前からのものだろうけど)。

映画は、メリル・ストリープ主演。そしてアカデミーの主演女優賞にノミネート、というのは、なんだか年中行事みたいだが、実在の人物の苦悩と決断を、力強く演じていました。ややもすると、「現場」のトム・ハンクスのほうに目を奪われがちだが、「会議室」側の描写に力を入れたのが特徴ですね。その重大さを「トム・ハンクスの妻」の言葉で補っていたのは、ちょっと残念。そして彼らの苦悩と決断は、「後編」にも続くので、すごいです。

ブルース・グリーンウッド演じるマクナマラが、「ケネディもジョンソンも手ごわいが、ニクソンはクソだ!(クズだ!だったかな?)」といっていたが、すっかり大悪党だ。トランプも、ある5年ぐらいしたら、そんな映画ができるのか?

この映画、凝ったカメラワークをしてるなと思いました。私は好きです。作風はこれが「スポ根」で、「後編」は「プロフェッショナルもの」かな?

(評価:★4)

投票

このコメントを気に入った人達 (1 人)おーい粗茶

コメンテータ(コメントを公開している登録ユーザ)は他の人のコメントに投票ができます。なお、自分のものには投票できません。