コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男(2017/英)

余談だが、『ダンケルク』という映画は、欧州戦線をほとんど知らない私に、かなりの知識を与えてくれたと『人生はシネマティック!』と本作をみて、つくづく実感する。そして「いい時期」に公開してくれたとも。
プロキオン14

**ネタバレ注意**
映画を見終った人むけのレビューです。

これ以降の文章には映画の内容に関する重要な情報が書かれています。
まだ映画を見ていない人がみると映画の面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。







この映画は、戦時下においての「大事な決断」をした「型破りな男」を描いているものの、粗暴な物言いの裏の「戸惑い、迷い」を織り交ぜながら、気が付けば見ている者は、ウィンストンに共感してしまう。そのあとの「史実」を知っているが、ドキドキはらはらしてしまう。夫人の前では、虚勢の要らない「素」なんですね。

そんな手に汗握る映画でありながら、「イギリスっぽい」映画だな、とも感じた。そして結果と史実は紙一重。

チャーチルを演じたオールドマン、いつもクセのある役が多かったが、最近は物分かりのいい優しい男を演じることもふえてきた。今回は、じっくりみても、この面影からオールドマンは見つけられなかった。これはメイキャップの辻さんのなせるワザ。

「メイクアップ・アーティスト」と言われて、「メイクさん」ぐらいにしか思っていなかったが、先日、NHKで以前特集された辻さんの「挑戦」の番組を見たが、メイクというより特殊メイクの領域。ウィキ情報だが、伊丹監督の『スウィートホーム』にも若手時代に参加していたそうで、そういえばこの映画の紹介で、伊丹監督が「熱で溶けてゆく男のシーン」で、砂糖だか飴だかを使って表現していた、なんてのを今でも覚えている。そして『PLANET OF THE APES/猿の惑星』の「猿」は彼の出世作、アダム・サンドラー主演の『もしも昨日が選べたら』もらしいが、この映画はケイト・ベッキンセイルの「老け具合」が実に美しく、ため息が出そうになった記憶がある。NHKの特集では「ハリウッドから距離を置く」と話していたが、白羽の矢が立ったようだ。さすがの実力ですね。

もうひとつ言うなら、邦題は『ウィンストン・チャーチル』だけでも良かったんじゃないかな?と思う。『ヒトラーに屈しなかった国王』という映画もそうだが、「ヒトラー」という言葉を入れたいんでしょうね、配給会社。

(評価:★4)

投票

このコメントを気に入った人達 (0 人)投票はまだありません

コメンテータ(コメントを公開している登録ユーザ)は他の人のコメントに投票ができます。なお、自分のものには投票できません。