コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] アリータ:バトル・エンジェル(2018/米)

原作漫画は未読。もっと大味な映画だろうと思ったら、意外とイケた。ただ登場する競技は、ハリポタにおける「グディッチ」みたいなもんで、ご愛嬌。
プロキオン14

**ネタバレ注意**
映画を見終った人むけのレビューです。

これ以降の文章には映画の内容に関する重要な情報が書かれています。
まだ映画を見ていない人がみると映画の面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。







アクション映画の主人公が「女の子」というのは、あまりアメリカ人好みじゃないみたいで、それが興行にも影響しているみたいだが、やっぱり日本のコミック原作由来なんでしょうね。そういうのに抵抗が薄いのが日本人。主人公アリータは「大きな眼」が特徴だが、それはアメリカアニメのキャラっぽい。そういう「和洋折衷」ヒロイン。しっかり「成長」もみられて、私は好きなキャラになりました。あとヴァルツ演じるDr.イドもかっこいい。

しかしやっぱりロドリゲス映画。キャメロンよりも「ロドリゲス色」が濃く出ている気がする。その色のひとつ「脇役が魅力的」。ザパン(エド・スクライン)やグリュシュカ(ジャッキー・アール・ヘイリー)が嬉々として悪役を演じているし、機械犬を連れたハンターや、ヒューゴの仲間(ホルヘ・レンデボルグJr.→出演欄から漏れて残念)が魅力的だ。メインのチレンやベクターよりも好きだ。あと、『ベイビー・ドライバー』のエイザ・ゴンザレスが出てたのが素敵だ。

断絶した二つの世界、という設定はよくある話だが、2時間の映画としてはよくまとめられていると思います。これは「第一章」的な話だと思うが、第二章に行けるかは、いろいろ微妙。

(評価:★4)

投票

このコメントを気に入った人達 (1 人)YO--CHAN

コメンテータ(コメントを公開している登録ユーザ)は他の人のコメントに投票ができます。なお、自分のものには投票できません。