コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] ビートルズがやって来る ヤァ!ヤァ!ヤァ!(1964/英)

まだビートルズ歴3年ぐらいのシロートですが、十分に楽しめました。
プロキオン14

**ネタバレ注意**
映画を見終った人むけのレビューです。

これ以降の文章には映画の内容に関する重要な情報が書かれています。
まだ映画を見ていない人がみると映画の面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。







2020年のお正月に、岐阜・柳ケ瀬にある映画館で『ハード・デイズ・ナイト(旧題:ビートルズがやって来る ヤァ!ヤァ!ヤァ!)』の題で上映されていたものを見ました。私のビートルズ歴はまだ3年ぐらいで、ラジオ「ビートルズ10」にたまたま出会ったのがきっかけです。私の推し曲は「Across the Universe」。

ですので、こういった「動く現役ビートルズ」をちゃんと観たのはほぼ初めて。第一印象は「みんな若い」のと、「ジョンがおっさん臭い(笑)」でした。ジョンは「君には神経が無い」と言われていたのが印象的です。

四人とも「自由」だし、みなの「個性」もちゃんと感じられた。リンゴのコンプレックスが、物語を動かしてましたね。

とにかく「キャ〜〜」という黄色い声の女の子に追い掛け回されて、大変なんだな。「失神」なんて、今のコンサートでは起きないよね。

歌もよかったです。今回初めて聞く曲もたくさんありました。一番印象に残ったのが「恋する二人(I should have known better)」です。サントラほしいけど、公式盤とUS 盤とあるみたい。

(評価:★4)

投票

このコメントを気に入った人達 (0 人)投票はまだありません

コメンテータ(コメントを公開している登録ユーザ)は他の人のコメントに投票ができます。なお、自分のものには投票できません。