コメンテータ
ランキング
HELP

プロキオン14さんのお気に入りコメント(1/111)

1917 命をかけた伝令(2019/英=米)★3 演出自体は目を惹くし、作品自体も概ね満足いく。だからもう一歩踏み込んだ物語性がほしい。 [review] (甘崎庵)[投票(1)]
ザ・プロム(2020/米)★3 まずは、プロット上の真の主人公エマ、ジョー・エレン・ペルマンのことを書こう。彼女は泣き顔もあるが、ほとんどのシーンで笑顔だ。「怖い」とか「緊張する」というような科白の場面でも、微笑んでいるように見える。これは本作のとても良い点だ。 [review] (ゑぎ)[投票(1)]
ソング・トゥ・ソング(2017/米)★3 なかなか上映されなかったマリック作品だ。久々に彼の作品を見て傍観者的に思うことが多かった。 [review] (セント)[投票(3)]
ソング・トゥ・ソング(2017/米)★2 映像的に映える女優陣を並べ、なるほど画面の流麗な輝きは尋常のものではない。なんというカメラの至福。しかし、それらは長時間にわたって相殺しあい物語を刻むことを拒絶する。自分はストーリー至上主義者ではないがこの内容の薄さには参った。睡魔を誘ってやまないアートフィルムを高得点で彩る趣味はない。 (水那岐)[投票(3)]
ブリッジ・オブ・スパイ(2015/米)★3 スピルバーグの史実物は小学校の図書館にある伝記本みたい。 [review] (ペペロンチーノ)[投票(2)]
ワンダーウーマン 1984(2020/米)★3 露骨にトランプな悪役が、憧れのレーガンな大統領に会いに行く1984年の物語。☆3.8点。 [review] (死ぬまでシネマ)[投票(1)]
チョコレートドーナツ(2012/米)★5 原題は、Any day now。あれから、40年。その日は来たのか?来ているのか? [review] (Shrewd Fellow)[投票(6)]
アナと雪の女王2(2019/米)★3 はっちゃけているようでしっかり者の妹、責任感が強く内向的なようでぷっつんする姉。色々ご都合でも、ストロングな姉妹のキャラクターが歌に乗るシークエンスには魅力があった。 [review] (kiona)[投票(1)]
テキサス・チェーンソー(2003/米)★4 燃える、コレは燃えるぞ!かっちょえぇぇぇ!!うむ、確かにこれはマイケル・ベイだ。極上のポップコーンバカムービー!!@全く怖くない 2004年4月1日劇場鑑賞 →『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』ネタバレ有り [review] (ねこすけ)[投票(5)]
マンマ・ミーア!ヒア・ウィー・ゴー(2018/米)★4 やはりこちらも楽曲の魅力。聞いているだけで幸せな気持ちに。最後に一言。ABBAよ! (G31)[投票(1)]
劇場版パタリロ!(2019/日)★3 目の前にパタリロがいる。これだけで充分。 [review] (甘崎庵)[投票(1)]
沈黙 -サイレンス-(2016/米)★5 禁忌 [review] (週一本)[投票(4)]
声優夫婦の甘くない生活(2019/イスラエル)★4 憧れと現実。男と女の視点の相違。珍しく良く出来た邦題。 [review] (ペペロンチーノ)[投票(2)]
ワンダーウーマン(2017/米)★4 大成功と言って良いが、それは過大評価ではない。 [review] (甘崎庵)[投票(1)]
リチャード・ジュエル(2019/米)★4 実話ベースとの事だが、マスコミの酷さはともかく、FBIってほんとにこんなにアホなのかしら……。 [review] ()[投票(5)]
リチャード・ジュエル(2019/米)★3 事件の進行を見せる部分は、さすがの緊張感。普通に良い映画だ。真犯人を描かないのは、選択と集中の一環だからいいのだが、学園長のような中途半端なキャラ(アホの類型)は気になる。FBI捜査官のジョン・ハムもそう。 [review] (ゑぎ)[投票(3)]
ノア 約束の舟(2014/米)★2 自称・無神論者であるダーレン・アロノフスキーが宗教作品を作るとこうなるという当たり前の結果。ノアがなにをしようと神は沈黙する。 [review] (IN4MATION)[投票(1)]
2012(2009/米)★4 史上最大のちゃぶ台返し [review] (炭酸飲料)[投票(5)]
あしたは最高のはじまり(2016/仏)★4 オマール・シーって本当に優しい笑顔をするんだよなー。変えのきかない役者になりつつある。 [review] (deenity)[投票(1)]
孤独のススメ(2013/オランダ)★4 邦題が良くない。プロキオン14さんが触れられている最初の「約束のマッターホルン」が、原題もそうだし、内容的にも合っている。ただ「約束の〜」ではもっちゃりしていて、今流行のカタカナ表記にしたのだろうが、内容的には逆である。 [review] (KEI)[投票(1)]