コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] ラ・ラ・ランド(2016/米)

予告編が素晴らしかったけど、本篇見るとそういうことだったんだ、と二度楽しめる。誰にでもあるほろ苦い青春の思いをエッセンスに詰め込み、見事冬から始まる人生の季節感を映し出すことに成功。
セント

**ネタバレ注意**
映画を見終った人むけのレビューです。

これ以降の文章には映画の内容に関する重要な情報が書かれています。
まだ映画を見ていない人がみると映画の面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。







冬が重要なんです。普通は春か夏。四季だから冬で終わる。こういうところが実にうまい。

冒頭の高速道路の渋滞から始まるミュージカルシーンがまず圧倒的(僕はすぐゴダールの「ウイークエンド」を年齢的に思い起こすが、そのあまりの違いに唖然)。自然と体が動く軽快感。素晴らしい。まずそこでみんな惹きつけられる。そして静かになって、二人だけの世界へ。これはますます乗せられます。

その後ちょっと中だる気味ではあるが、またも、最後に来て、ちゃんとこの二人の人生をきちんと締めくくっている。

ああ、そうだよなあ。誰にも覚えがあるあの時の青春の思い。一瞬、走馬灯のように思い浮かべるタラレバの世界が追い打ちをかける。その瞬間、心はどくどく潤い、満たされる。目頭が熱いぜ。

チャゼルさん、ずるいよ。脚本的にはそれほど深く人間を描いていないのに、エッセンスだけで1本の映画を作ってしまい、人生の深部に触れるかのような作品に仕上げちゃった。

まあ、前作「セッション」も少々ハッタリめいた作品だったが、タッチは変われど、多少そうなのかもしれません。でも、好きだよ。こんな映画大好き。しばらくは忘れない作品となった。

エマ・ストーンは躍動的。チャーミング。ライアン・ゴスリングは静の方がいい俳優かな。ミュージカルシーンのちょっとしたしぐさがぎこちない。

いい映画でした。

(評価:★4)

投票

このコメントを気に入った人達 (1 人)ぽんしゅう[*]

コメンテータ(コメントを公開している登録ユーザ)は他の人のコメントに投票ができます。なお、自分のものには投票できません。