コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] ドリーム(2016/米)

久々に邦題がナイスな映画です。そうこの映画は、人間がどんな環境にいようと、諦めることなく希望をもって進めば何か生み出されるといった、今の現代では不透明になってしまったずばりガッツ映画です。
セント

**ネタバレ注意**
映画を見終った人むけのレビューです。

これ以降の文章には映画の内容に関する重要な情報が書かれています。
まだ映画を見ていない人がみると映画の面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。







ちょっと良過ぎの展開であれっと思ってしまうが、冒頭でいつものようにこの映画は事実に基づいた映画と出ているから、それについては不問にします。

映画的テンポもほどよく、黒人女性の3人の話だけれども、全然退屈しない。それより、そのうち気持ちが乗って来て、画面に目が寄って行きます。何か、昔懐かしい映画の雰囲気も持たせ、しかもなかなかの演出です。こういう映画は素直に見よう。

やはり相変わらず、こういう役をすると、ケヴィン・コスナー は絶品です。儲け役だけど、俳優としての人間の素質がそのまま出ていますね。素晴らしい。久々に彼を見られてそれだけでも嬉しい限りです。実にいい映画でした。

2016年って、アメリカでは珍しく秀作が溢れてたんですね。こういう映画が今頃公開だというのも、少し考えさせられます。「ムーンライト」「マンチェスター・バイ・ザ・シー」「ラ・ラ・ランド」「ハクソー・リッジ」「メッセージ」とすごいですね。ここ何十年なかったことです。

人間、夢(換言すれば希望)を持たなければ、へなちょこになっちゃうよ。是非若い人たちに見てもらいたい映画です。秀作です。

(評価:★4)

投票

このコメントを気に入った人達 (0 人)投票はまだありません

コメンテータ(コメントを公開している登録ユーザ)は他の人のコメントに投票ができます。なお、自分のものには投票できません。