コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] 羊の木(2018/日)

俊英吉田大八の最新作。音響の使い方といい、カメラの水平線の構図といい、今回はじっくり見れる。しかも6人の人間を2時間で追う演出はきついはずだが、何とかこなしている。今回のテーマは、、。
セント

**ネタバレ注意**
映画を見終った人むけのレビューです。

これ以降の文章には映画の内容に関する重要な情報が書かれています。
まだ映画を見ていない人がみると映画の面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。







先入観と言おうか、人間の実像に覆いかぶさる虚像を取り上げている。なかなか分かり易く、実に丁寧。好感の持てる展開である。サスペンスとヒューマンとを織り交ぜて、安心できる作品となっている。

どうしてもこの6人であるなら、松田龍平に焦点が絞られるのは仕方がない。虚構ではこの役は人間を物語るに最適の人物だからだ。実にいいね。どうしようもなく何かに突き動かせられる人間もいるのです。

ただこの映画、主役のお二人。錦戸亮は狂言回しの扱いだから仕方がないとして、木村文乃は踏み込んでないなあ。ちょっと描き足りないというか、吉田めずらしく彼女に遠慮でもしたのかい?まっとうな女を感じないです。実にもったいない。

次は、ラストのあのシーンですね。これをどう捉えればいいか。深い意味があるのか。それとも邪悪な在郷の神そのものをただ単純に意識したのか。

あの祭りのすごい豪雨が前触れだったんだが、急に「美しい星」が挿入された感もある。ラストなだけに、無視もできなく、、。

でも全体的には見せてくれました。吉田、復活したように思う。ますます目が離せない。映画ってやはり面白い。

(評価:★4)

投票

このコメントを気に入った人達 (0 人)投票はまだありません

コメンテータ(コメントを公開している登録ユーザ)は他の人のコメントに投票ができます。なお、自分のものには投票できません。