コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] ジョーカー(2019/米)

あの超ダークなジョーカーの誕生物語である。前半、じっくりと悲劇の生涯を背負うジョーカーが描かれる。これは僕の想像外であった。
セント

**ネタバレ注意**
映画を見終った人むけのレビューです。

これ以降の文章には映画の内容に関する重要な情報が書かれています。
まだ映画を見ていない人がみると映画の面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。







彼はとても人間臭あふれるそこらにころがっている路傍の人なのである。むしろそれは悲しみさえ感じるほどで、意外な展開だぞと思わず叫びたくなった。

ところが、自分の出生の、またさらに母親の真実の姿を知るに及び、いよよわれらが知るところとなるジョーカーに変貌してゆくのだ。そのすさまじさ。それからが、この映画の神髄と為すところだろう。もう手が付けられなくなるほど、超ダークに聳え立ってゆく、、。

これはものすごい映画を見てしまったわいと幾分ぞっとする。というのもうまく言えないが、われわれとこの目の前のジョーカーが完全分離しないからなのである。この、この世に存在してはならぬダークな生き物は、困難な社会構造により生まれかねないものとして描かれ、また一方、多かれ少なかれ我々自身の中にも分泌しているかのように思えるのである。

2時間の映画の集中度、終わってからの人生への斜視への傾度はたとえようもないほどで、もう映画なんて何をももたらさないのでは、と危惧していた僕に、往復ピンタをくれた映画であります。こういう映画を堂々と上映してくれるのって、まだまだこの社会、いけてますねえ。

(評価:★5)

投票

このコメントを気に入った人達 (4 人)ぽんしゅう[*] でん がちお[*] DSCH[*]

コメンテータ(コメントを公開している登録ユーザ)は他の人のコメントに投票ができます。なお、自分のものには投票できません。