コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] 佐々木、イン、マイマイン(2020/日)

青春の墓碑銘と言えようか。みんなが同じ方向を見つめていたそのまなざし。喜びも哀しみも苛立ちも不安もみんなで分かち合う、そんな”とき”の共有こそがそれぞれのその後の人生に確たる沈殿を残すのだ。
セント

**ネタバレ注意**
映画を見終った人むけのレビューです。

これ以降の文章には映画の内容に関する重要な情報が書かれています。
まだ映画を見ていない人がみると映画の面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。







17歳、22歳、27歳、歳月は過ぎても人は変わりぬ。恐らくそれ以降もね。彼らにとっては17歳が決定的な年齢だった。ひとそれぞれそういう”とき”があるのだと思う。

17歳。僕もこういう友人たちがいたなあ。今でもそれをひっそりと胸に秘め、生き続けている。若い時はそれこそ、彼らの存在が生きる術であったことよ。2時間、目の前に繰り広げられる映像はすなわちすべて自分のことのように僕にそのまま投影してゆく。

かろうじてまだ持ち続けている青春の残り香をこの映画でしかと感じる。中島みゆきの「流れるな 涙 心でとまれ」と必死に我慢しているのに、あのラストシーンで号泣入り。数少ない青春映画の秀作です。

(評価:★5)

投票

このコメントを気に入った人達 (5 人)おーい粗茶[*] けにろん[*] シーチキン[*] ゑぎ[*] ぽんしゅう[*]

コメンテータ(コメントを公開している登録ユーザ)は他の人のコメントに投票ができます。なお、自分のものには投票できません。