コメンテータ
ランキング
HELP

Lostieさんの人気コメント: 更新順(1/10)

人気コメント投票者
★3アイリッシュマン(2019/米)ストリーミング配信を大前提としているので上映時間の縛りが緩くなるのは当然なのだが、だからと言ってそれに甘えて何もかも垂れ流して良いわけではない。もちろん百戦錬磨のスタッフ/キャストで随所に熟練の技が光るが基本的には冗長。けにろん[投票(1)]
★3仕立て屋の恋(1989/仏)ド変態か純情かというタイトロープを絶妙なバランス感覚で渡り切った・・・、と言いたいところではあるが、「雷光に浮かび上がるハゲ」や、「スケート場で、すってんころりん鼻血ブー」で感じた「面白さ」は完全にコメディのそれであり、美点兼欠点。jollyjoker, ダリア, けにろん[投票(3)]
★4プロメテウス(2012/米)はっきり言って脚本は酷いし、オーラ乏しいノオミ・ラパスもヒロインの器では無いと思うが、とにかくデヴィッドが良い。ミヒャエル・ファスベンダー演じるデヴィッドは、『エイリアン』と言うより『A.I.』を強く想起させる。 [review]DSCH, カルヤ, けにろん[投票(3)]
★2ナイロビの蜂(2005/独=英)上質な映像と構成の映画が必ずしも「面白い」とは限らない。ジャスティンのキャラクターが、単なる優男の域を出ておらず「熱意」や「狂気」を感じない。それは演出全般にも言えること。「地獄」を見せそうで見せない、品性が邪魔。寒山, はしぼそがらす, 緑雨, TOMIMORIほか6 名[投票(6)]
★4アウトロー(2012/米)不思議な映画である。古臭いのに新しく、大真面目なのに馬鹿馬鹿しく、無駄が無いのに穴だらけ。風呂場でコントが始まった時はビビった。jollyjoker, ロープブレーク, けにろん[投票(3)]
★3マッチポイント(2005/英=米=ルクセンブルク)景気が悪い。 [review]ゑぎ, CRIMSON, けにろん[投票(3)]
★4マッドマックス2(1981/豪)今日終わるか、明日散るか。そんな絶望的状況でも、マックスはやるべきことをやるだけ。オルゴールは鳴るべき音を鳴らすだけ。死に近過ぎる世界で微かに響く、"Happy Birthday to You"。これがロマンティックでなくてなんだバカヤロー。DSCH, 週一本, けにろん[投票(3)]
★3ミッション:インポッシブル ゴースト・プロトコル(2011/米)これまでのシリーズと比べて、危機感と緊張感と宿命感が足りない。それは、ブルジュ・ハリファで遊ぶようなミーハー丸出しの能天気とのトレード・オフか。映画全体に「楽しさ」を満遍なくばらまいた結果、決定的なカタルシスは埋没した。 [review]ロープブレーク, けにろん[投票(2)]
★4ヒットマンズ・レクイエム(2008/英=米)ジワジワくる。クセになる。天然か計算か、冗談か本気か、判断に困る。過度に悲痛な音楽を垂れ流し、場面転換のタイミングも異常。自分で★4つけておきながらこんなこと言うのもなんだが、これが各賞で受賞/ノミネートしているのは信じられない。 [review]jollyjoker[投票(1)]
★4ダークナイト ライジング(2012/米=英)加点方式で。 [review]週一本[投票(1)]
★4エグザイル 絆(2006/香港)ある意味で完璧。だからこそ、★5ではなく★4。カユいところに手が届きまくる良く出来た「バカな男」映画を作れるトーよりも、カユくもないところに無理矢理爪痕を残しにくるリアル「バカな男」映画しか作れないウーデ・パルマのほうが好き。 [review]ペンクロフ, 3819695, ぽんしゅう, けにろん[投票(4)]
★3アルゴ(2012/米)全編を通して丁寧かつ落ち着いた演出で、悪い言い方をすれば、置きに行っている。そしてちゃんと置けている。佳作。 [review]アリ探し, るぱぱ, マカロン, YO--CHANほか6 名[投票(6)]
★4リオ・ブラボー(1959/米)スタンピー(ウォルター・ブレナン)の気狂いじみた「ヒッヒッ!」という笑い方が面白くてクセになる。ちなみにショールの女(アンジー・ディッキンソン)も魅力的だが、カルロス(有吉弘行)のラテン系丸出しの奥さんコンスエラも負けていない。週一本[投票(1)]
★4続 夕陽のガンマン 地獄の決斗(1966/伊)"idiots"すら読めないのに無理して探そうとするから、走り方がオカマみたいになるのだ。けにろん[投票(1)]
★3トータル・リコール(2012/米)あっちが問題児なら、こっちは優等生。YO--CHAN, けにろん[投票(2)]
★3スリーデイズ(2010/米)すべて彼女のために』未見。 [review]3819695, けにろん[投票(2)]
★2フロスト×ニクソン(2008/米)鑑賞中、頭に血が上ってとても疲れた。それは主演二人の熱演、舌戦に興奮したからではない。制作者の手法を不可解に感じ、作家としての志の低さに怒りを覚えたからである。この作品のロン・ハワードは王道ではなく邪道を歩んでいるように見えた。 [review]3819695, disjunctive, agulii[投票(3)]
★4トゥルー・グリット(2010/米)中盤までは変化球を織り交ぜた緩急巧みなピッチングで素晴らしいのに、終盤なぜかストレートで押すコーエン兄弟。しかしそのストレートが正直弱い。ちょっと、弱い。自分たちがノーラン・ライアンではなくグレッグ・マダックスだということを忘れたか。 [review]おーい粗茶, なかちょ, けにろん[投票(3)]
★3CHAOS カオス(2006/カナダ=英=米)個人的には前半はかなり良いと思うがラストでいらんことしたな〜、という印象。それはそうとウェズリー兄さん、今回もビシっとキマッてまんな〜! [review]カルヤ[投票(1)]
★3トロピック・サンダー 史上最低の作戦(2008/米=独)しょせんA級だな。ぐるぐる, Sigenoriyuki, DSCH, 浅草12階の幽霊[投票(4)]