コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] セント・オブ・ウーマン 夢の香り(1992/米)

ふーーーあっっっ!!
peacefullife

色々な視点で観ることができると思いますが、一回目を観終えた私の視点としては二つ。

1.教育と言うモノについて。広義の教育、つまりは子供を育てる親としても含み

「もし、貴方がその飢えた人に一匹の魚を与えたならば、1回だけその人の飢えをしのぐであろう。もし、貴方がその人に魚の獲り方を教えたならば、生涯、その身を養うことになるであろう。」(管子)

この言葉を思い出しました。

2.盲目の象徴するモノについて

アル・パチーノ演じる盲目の男。彼は正義の道を選ばなかった。それと関連性があるかどうかとは別として、事実盲目になった。

これは、我々を象徴しているかのように感じた。正しきモノを見失う「盲目」。我々も正しき道を避けて生きているうちにいずれ「盲目」になってしまうのだ。そういったメッセージがどことなく、あるのではないか、、いや、無いとしても、私にはそう感じられた。

しばらく時間を空けてもう一度ゆっくり観てみたいと思います。

多分、ネタバレは無いと思うのですが、もしあると思われたらご投票下さい。自分ではちょっと判断出来ず。とりあえず青レビューにしておきます。

(評価:★5)

投票

このコメントを気に入った人達 (5 人)ミルテ[*] ホッチkiss[*] tkcrows[*] mimiうさぎ[*] kiona

コメンテータ(コメントを公開している登録ユーザ)は他の人のコメントに投票ができます。なお、自分のものには投票できません。