コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] 椿三十郎(2007/日)

♪そうさ 僕らは 世界に一つだけの花〜♪ この歌は名曲だと思うし、現代に於けるメッセージの重要性も承知して居りますけれど それだけじゃなぁみたいな・・・日本映画、ゆとり教育、乙みたいな・・・プロ故に愛のムチを受けよ(文体、変わって) 
いくけん

**ネタバレ注意**
映画を見終った人むけのレビューです。

これ以降の文章には映画の内容に関する重要な情報が書かれています。
まだ映画を見ていない人がみると映画の面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。







各人各様、表情の違った若侍たちの奮闘・構図は、上手かった。黒澤明の『椿三十郎』以上だと思う。前作以上にひとつひとつ丹念に写された赤、白、まだら模様の椿の花々。個性の違うだんだら模様の若侍たち。映画を観ていると、俺の脳内でふと、上記の歌が連想された。しかし、漆黒の闇の聖地、映画館内ではこれだけではいかんのだ。もっと凛と張った画面の熱気と、プロ根性と、幹が唸るかの大木・役者が観たい。時代劇で、若い娘にガッツポーズされても萎えてしまう。

織田裕二三十郎。もっとタッパ(背丈)と殺気が欲しい。剣豪には見えなかった。三船三十郎とは比べるもないが。三十郎の一挙手一投足の醸し出す殺気に、若侍たちが、身構えたりたじろいたりする挙動に説得力が欲しかった。この森田版『椿三十郎』は、若侍たちのリアクション演技が秀逸だったので、返って彼らの演技がオーバーアクトに見えた。役所広司三十郎なら捌(さば)けたのではないか。

織田に比べれば、豊川悦司の室戸半兵衛は凄腕の剣豪に見えた。彼が写れば画面が引き締まる。劇中の三十郎の腕を認めるが故の、半兵衛のニヤリと笑う表情。新鮮な演出だった。

中村玉緒の睦田夫人の柔和な演技はまずまずだが、いかんせん前作の入江たか子のはんなりとした演技と、彼女の持つスターとしての絢爛たるキャリアが醸し出す、オーラと比べれば どうしたって見劣ってしまう。ラストの方で藤田まことと一緒に玉緒が出てくるのも興ざめる。藤田まことはどうしても、「必殺シリーズ」の印象が強すぎる。玉緒と居ればなお更である。

ただし、黒澤信者、かつ森田ファンの俺としては、非常に嬉しかった件(くだり)がある。森田の粋なはからいかは定かではない。しかし、斜め後ろ左45度の角度から捉えた、ニヤリと笑う豊川半兵衛の表情が、志村喬にそっくりだった点だ。どういう理由か知らないが、『七人の侍』以降、黒澤映画において端役で甘んじていた志村喬。時間軸はずれるが『七人の侍』のニヤリ志村勘兵衛が、堂々と本作に於いて、敵役の大きなタメを張ってくれた錯覚を感じて、溜飲が下がる思いがした。

捕らえられた若侍たちを救出するときの、殺陣(たて)は新鮮な息吹を感じた。織田も頑張っていた。しかし、諸般の事情は知らないが、完璧な映画を大した翻案もなく、台本そのままにリメイクするのは意味が無い。真面目に取り組んではいるが、最初からの負け戦だ。プロとして、表現者として、今まで開拓された映画の領域を、切り開くかの気概が欲しい。森田芳光は、単なる一つの「微妙に個性の違う」椿ではなく、「鞘(さや)の無いむき身の妖刀」であって欲しい。失敗作、『模倣犯』でさえ鞘のない鋭い刀であった。野心があった。これは単なる俺の願いではなく、天命に近いと思う。もっと自由な条件で仕事をして欲しい。

(評価:★2)

投票

このコメントを気に入った人達 (3 人)緑雨[*] 水那岐[*] ぽんしゅう[*]

コメンテータ(コメントを公開している登録ユーザ)は他の人のコメントに投票ができます。なお、自分のものには投票できません。