コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] 暴動島根刑務所(1975/日)

この松方弘樹は理性もクソもない外道そのものだが、ひょんなことから表彰されてしまったりとか、コミカルな面もあって楽しい。北大路欣也の男臭さも良いし、大島映画ファンとしては佐藤慶が醸し出すインテリ系の冷酷さも堪らない。
太陽と戦慄

タイトルそのままの映画で、やはり暴動シーンが最大の見所。基本的に人間のクズでしかないヤクザたちに感情移入などできるはずもないのだが、しかしそれでも尚、豪快に暴れまくり物を壊しまくる描写の連続にはカタルシスを感じずにはいられない。

二転三転するストーリー展開で飽きさせずに見せてくれるし、田中邦衛の存在がこのどうでもいいような話に重みを与えているような気もする。豚を飼わせてほしいと佐藤慶に哀願するシーンは名演であった。

(評価:★4)

投票

このコメントを気に入った人達 (0 人)投票はまだありません

コメンテータ(コメントを公開している登録ユーザ)は他の人のコメントに投票ができます。なお、自分のものには投票できません。