コメンテータ
ランキング
HELP

ペンクロフさんのコメント: 更新順

★3ジェーン・ドウの解剖(2016/英)美術に負けず演者も好演。端正な出来栄えながら、この監督には場外ホームランをお願いしたい。ジェーン・ドウのデザインが『妖婆 死棺の呪い』を連想させ、期待しすぎてしまった面もあるのだが。[投票]
★3俺たちポップスター(2016/米)中身ゼロのポップスターを茶化すコメディなんだけど、総じて楽曲のレベルが高すぎて笑う。[投票]
★4戦狼 ウルフ・オブ・ウォー(2017/中国)ウー・ジンメチャクチャ頑張ってる。死ぬ死ぬアクションに加えて戦車道までやってくれるんだから文句も出ない。 [review][投票]
★3ウルフ・オブ・ウォー ネイビー・シールズ傭兵部隊 vs PLA特殊部隊(2015/中国)ウー・ジン頑張ってる。司令本部のありえないモニター映像が興を削ぐ。[投票]
★3バトル・オブ・ザ・セクシーズ(2017/英=米)この試合はボビー・リッグスの「仕掛け」によって生まれた作品だ。女性側は強くて名前があれば誰でもいいが、男性側はリッグスでなくては成立しない。彼に比べれば、キング夫人はつまらない。序盤の大相撲協会脱退と新団体旗揚げは立派。 [review][投票]
★2きみの声をとどけたい(2017/日)地味な話でよく作ったと思うが、どうも焦点がボケてる感じがする。マッドハウスは直後にこのルックを一部継承した傑作『宇宙よりも遠い場所』を作っているので、決して無駄ではなかったのだろうけど。[投票]
★3ゲットバッカーズ(2014/米)ぬるま湯群像劇としては悪くないが、発端の自己啓発本が全然ダメなので求心力ゼロ。演者は豪華。さすがスタローンは気を吐いている。[投票]
★4男はつらいよ(1969/日)テンポ早くて内容充実。見合いの席で、寅の「けっこう毛だらけ猫灰だらけ…」に見合い相手の妹とおぼしき少女がマジで吹き出している。あの台詞がアドリブとは思えない。少女は台本で台詞を事前に知ったうえで、掛け値なしに渥美清に笑わされたのだと思う。[投票(1)]
★2A.I.(2001/米)極めて悪趣味、グロテスクでいかにもスピルバーグ。欠食児童が描いたグルメ漫画の如きいたたまれなさ。[投票]
★3ハードコアの夜(1979/米)娘が見知らぬ怪物になってしまう『エクソシスト』系作品ながら、心情的には娘側から堅物オヤジを糾弾したがっている。そのねじれが中途半端な印象を残す。 [review][投票]
★4フランケンシュタインの花嫁(1935/米)「人間」という存在への示唆に富む、盲目の老人との交流。ジェームズ・ホエールの二作は徹底して神と人間についての物語だ。メフィストフェレスまで出てくる。[投票]
★5フランケンシュタイン(1931/米)「高所で命を得る怪物」「水面に浮かぶ花」「水に沈む少女」「水平に運ばれる少女の亡骸」「高所へ逃げる怪物」 映像で示される高低の設計。世界の頂上で鏡あわせに向かい合う、博士と怪物、造物主と被造物、神と人間。美しい。[投票(3)]
★2さよならの朝に約束の花をかざろう(2018/日)絵はキャワイイのにキャラクターに魅力がなく、何ひとつピンとこない。作り手の男の性欲への嫌悪、倍賞千恵子的な踏みにじられてもおとなしく耐え忍ぶ女萌え、西洋中世ファンタジーへのぼんやりした憧れは見受けられたが… 甚だ気に入らぬ。[投票]
★2DEVILMAN crybaby(2018/日)原作デビルマンを生涯忘れない人間向けのアニメではなく、外国のNetflixユーザーにウケればそれでいいのであって、その意味では成功なのだろう。オレとしては甚だ面白くない。[投票(1)]
★4人類創世(1981/カナダ=仏)描くポイントを絞りに絞った『2001年宇宙の旅』の「人類の夜明け」が神話の断面なら、今作は艶笑フランス講談。ただ細部のリアリティは『2001年』に引けをとらない。 [review][投票]
★3俺たちスーパー・ポリティシャン めざせ下院議員!(2012/米)ダン・エイクロイドの出演は『大逆転』への敬意ゆえか。ウィル・フェレルはいつ見ても最高。[投票]
★2打ち上げ花火、下からみるか?横からみるか?(1993/日)こういう連中がイヤで苛々していたガキの頃を思い出す。[投票(1)]
★3PK ピーケイ(2014/インド)正面から宗教に切り込む脚本は素晴らしいが、やや冗長。国宝級役者アーミル・カーン、眺めるだけでも眼福。[投票]
★3デ・パルマ(2015/米)デ・パルマのような作家作家した作家でも、我々の想像以上に興行の成否を気にしているのが印象的だった。比較的凡作と思われる『ミッション・インポッシブル』でも「あれは売れたねえ」とニコニコ。そうだよな嬉しいよな。[投票]
★3インターンシップ(2013/米)Google協力のGoogle提灯映画で、Googleへの就職イコール意義ある人生の実現みたいに描かれている。実際そうなのかもしれんしオレもGoogleのサービスには世話になってるが、映画としてはちょっと筋が悪いんだよな。[投票]