コメンテータ
ランキング
HELP

わさびさんのコメント: 更新順

★4大いなる幻影(1937/仏)大脱走』の原典的作品だが、後半にロマンスがあり、ピントがややぼやけた印象。それでも後味の良いラストが好印象。[投票]
★4アナと雪の女王(2013/米)要するに「兄弟姉妹は仲良うせえよ」ってことだろう。ストーリー展開はふわっとしてて雰囲気モノの印象だが、綺麗な映像と吹き替えキャストのがんばりに満足させられた。 [review][投票]
★4幸福の黄色いハンカチ(1977/日)わかりやすいロードムービーで、結末はすぐに読めてしまうが、それでもラストは泣けてしまった。でも、‥‥ [review][投票]
★4オーズ・電王・オールライダー レッツゴー仮面ライダー(2011/日)導入部はツッコミ所満載。でも、中盤の展開にはハラハラ。最後はムチャクチャ。でも、その直前には涙。ワケわからん熱い感動。[投票]
★4ワイルドバンチ(1969/米)オープニングからいきなり壮絶なバイオレンス。主役の強盗に感情移入できないまま話が進むも、次第に引き込まれている不思議。ラストは圧巻。[投票]
★2女殺し油地獄(1957/日)原作からしてそうだから仕方ないが、主人公の心理・心情がまったく理解できない。唯一の救いは新珠三千代の美しさ。 [review][投票]
★4ファースター 怒りの銃弾(2010/米)かなり大味で予想通りに展開するが、《ロック様》ことドウェイン・ジョンソンのカッコ良さを引き立たせる演出にとにかくシビレる。[投票]
★4赤い靴(1948/英)中盤以降の狂的な心情描写に引き込まれる。[投票]
★3手塚治虫のブッダ 赤い砂漠よ!美しく(2011/日)きらびやかな印象のキャラクターデザインにやや違和感を感じるも、原作に沿った丁寧な作りに好感。ただ、観世清和の棒読みだけはいただけない。[投票]
★3さよならをもう一度(1961/米)いつの時代も、男と女の関係はややこしい。結局、みんなわがままなんかな。[投票]
★4ある日どこかで(1980/米)SF ドラマの逸品。陳腐な演出もあるが、最後は切なさで胸がいっぱいに。[投票]
★4ゴッドファーザーPARTII(1974/米)陳腐になりがちな続編を、前作の時代を挟む構成にすることで重厚な作品に。[投票]
★3東京公園(2011/日)三浦春馬でなかったら、すぐ逮捕されてる。[投票(1)]
★4鉄道員(1956/伊)しあわせは、平凡に日々を送れることかなぁ。でも、それが難しいのが人生かもしれない。[投票]
★3ディーバ(1981/仏)衣装や小道具など、いま観るとチープな印象も受けるが、転がるにしたがって複雑化するサスペンスはなかなか。[投票]
★4ディア・ハンター(1978/米)複雑な迷いに満ちたロバート・デ・ニーロと、錯乱の手前で踏み止まってしまったクリストファー・ウォーケンの、ふたりの表情がとくに強烈。描き方の是非を超えて、戦争の不毛を考えさせられた。[投票]
★4ゴッドファーザー(1972/米)ファミリーの深い絆と、各キャラクターの人間くささをみごとに描写。食事のシーンが多いのも印象的。全体をおおう重厚な雰囲気に、時間を忘れさせられた。[投票]
★4月の輝く夜に(1987/米)他人の気まずさを笑いに昇華。要所に挿入されるシリアスさがアクセントとなり、深い味わいに。でも基本はコメディー。ラストの食卓での展開はお見事。[投票]
★4ロミオとジュリエット(1968/英=伊)先に出てくるレナード・ホワイティングの美少年っぷりにも驚かされたが、オリヴィア・ハッセーのなんとかわいらしこと! そしてこの町の若い連中の荒くれっぷりに驚愕![投票(1)]
★3麗しのサブリナ(1954/米)ボギー、ズルい! [review][投票]