コメンテータ
ランキング
HELP

わさびさんのコメント: 投票数順

★2マトリックス レボリューションズ(2003/米)なんか、話題がすり替えられてるような気がする。‥‥ [review][投票(9)]
★4モンスター(2003/米=独)ワラをつかんだ溺れる者は、そのワラを守らんとするがため、溺れた。 [review][投票(8)]
★4ロスト・イン・トランスレーション(2003/米=日)淡い色彩の不倫未満。くすみと濁りの東京。 [review][投票(8)]
★3猿の惑星(1968/米)ラストを見せたあとの、余韻もなくあっさり終わる構成に拍手。[投票(6)]
★5ダイ・ハード(1988/米)やっぱりブルース・ウィリスには「カッコ悪いのがカッコ良い」役がよく似合う。 [review][投票(5)]
★3U・ボート(1981/独)正直、しんどい。 [review][投票(4)]
★4黄金の七人(1965/伊)綿密なようでいて行き当たりばったりみたいな感じが楽しい。必然性のまったくないロッサナ・ポデスタのお色直しは必見です。[投票(4)]
★5少林サッカー(2001/香港)超衝撃映像の連続! あんたら、回り過ぎやで! [review][投票(4)]
★4アマデウス(1984/米)天才はひたすら音楽を創造し、秀才は天才と、天才を創造した神をも憎んだ。共通するのは、執着心。[投票(4)]
★5ロード・オブ・ウォー 史上最強の武器商人と呼ばれた男(2005/仏=米)「買い手がいるから売る」の基本原理が「売りたいから買い手を探す」へ。歴史の暗部を扱いながらも、メッセージの重さを感じさせず、極上のエンターテインメントへと昇華させた手腕に脱帽。 [review][投票(3)]
★5エイリアン(1979/米)脚本や演出ももちろんすばらしいが、それもH・R・ギーガーによって創造されたエイリアンがあったればこそ。このエイリアンによって独特のニオイが生み出された。[投票(3)]
★4キル・ビル(2003/米=日)クエンティン・タランティーノの《映画愛》。 [review][投票(3)]
★4穴(1960/仏)いっしょにその場にいるかのような緊迫感。たのむから、もうちょっと静かにやってくれ! [review][投票(3)]
★4ファントム・オブ・パラダイス(1974/米)なんであんなトム・キャットみたいな《ちっこいおっさん》がモテモテやねん! [review][投票(3)]
★4バーバー(2001/米)これまで《人生》と云う名の大河の流れに身を任せてきた男。彼が初めてひと漕ぎした先に待っていたのは、予想だにしなかった激流。それでも男は《真実》と《現実》の狭間で、流れに抗うことなく身を任せ続ける。 [review][投票(3)]
★3真夜中の弥次さん喜多さん(2005/日)生と死の狭間とは? 現実と虚構との相違とは? 果たして《生きる》とは? ‥‥などとボテクサ考えずに楽しみたい。 [review][投票(2)]
★4エド・ウッド(1994/米)映画好きの、疾走、力走、奔走、暴走、迷走。ゴールした結果、自己ベスト。 [review][投票(2)]
★4スター・ウォーズ エピソード3 シスの復讐(2005/米)山場のない映画ってのはままありますが、これだけ谷場のない映画も珍しい。 [review][投票(2)]
★5スチームボーイ(2004/日)大友克洋の夢が結実。 [review][投票(2)]
★4マッハ!!!!!!!!(2003/タイ)格闘アクションに新風が吹いた!!!!!!!! [review][投票(2)]