コメンテータ
ランキング
HELP

わさびさんの人気コメント: 更新順(1/5)

人気コメント投票者
★2炎の肖像(1974/日)沢田研二演じる《オフ・ステージのジュリー》の行動が支離滅裂。ライヴ映像でインサートされる《オン・ステージのジュリー》との親和性も稀薄で、全体的に中途半端。 [review]けにろん[投票(1)]
★3U・ボート(1981/独)正直、しんどい。 [review]Sigenoriyuki, deenity, 町田, けにろん[投票(4)]
★4モンスター(2003/米=独)ワラをつかんだ溺れる者は、そのワラを守らんとするがため、溺れた。 [review]jollyjoker, サイモン64, IN4MATION, 死ぬまでシネマほか8 名[投票(8)]
★3東京公園(2011/日)三浦春馬でなかったら、すぐ逮捕されてる。IN4MATION[投票(1)]
★3スコーピオン・キング(2002/米)「ロック様の、ロック様による、ロック様のための映画」。四の五の云わずに、とにかく「ロック様の妙技を味わえ」!がちお, 半熟たまこ[投票(2)]
★4ロミオとジュリエット(1968/英=伊)先に出てくるレナード・ホワイティングの美少年っぷりにも驚かされたが、オリヴィア・ハッセーのなんとかわいらしこと! そしてこの町の若い連中の荒くれっぷりに驚愕!けにろん[投票(1)]
★4素晴らしき哉、人生!(1946/米)人生はままならず、それでも《情けは人のためならず》。 [review]ダリア[投票(1)]
★3小さな恋のメロディ(1971/英)ダニエルとメロディの初々しさと、トムの男らしさ。 [review]きわ[投票(1)]
★4あきれたあきれた大作戦(1979/米)とにかくピーター・フォークアラン・アーキンのふたりが、た〜のしそう! [review]とっつぁん[投票(1)]
★4穴(1960/仏)いっしょにその場にいるかのような緊迫感。たのむから、もうちょっと静かにやってくれ! [review]NOM, はしぼそがらす, 24[投票(3)]
★4アイズ ワイド シャット(1999/米)要所々々で奏でられるピアノの旋律が、恐怖感と不安感と嫌悪感をかき立てる。 [review]きわ[投票(1)]
★4ローマの休日(1953/米)よくよく考えりゃ気になるところもあるけど、オードリー・ヘプバーンのかわいさですべて帳消し。りかちゅ[投票(1)]
★3猿の惑星(1968/米)ラストを見せたあとの、余韻もなくあっさり終わる構成に拍手。ダリア, 直人, けにろん, sawa:38ほか6 名[投票(6)]
★4マトリックス(1999/米)新たな映像表現手法を提供したことは大きく評価できる。キアヌ・リーブスのクンフー(空手?)アクションはカッコ悪いけど。 [review]たかひこ[投票(1)]
★5ロード・オブ・ウォー 史上最強の武器商人と呼ばれた男(2005/仏=米)「買い手がいるから売る」の基本原理が「売りたいから買い手を探す」へ。歴史の暗部を扱いながらも、メッセージの重さを感じさせず、極上のエンターテインメントへと昇華させた手腕に脱帽。 [review]FreeSize, ごう, シーチキン[投票(3)]
★4エド・ウッド(1994/米)映画好きの、疾走、力走、奔走、暴走、迷走。ゴールした結果、自己ベスト。 [review]おーい粗茶, 荒馬大介[投票(2)]
★3シャイニング(1997/米)お父ちゃんも怖いが息子も怖い。ただ、ちょい長すぎ。酒は飲んでも飲まれるな。(無理に飲まされるのも御法度!?!?)直人[投票(1)]
★4デンジャラス・ビューティー2(2005/米)本作はサンドラ・ブロックのコスプレ・ショウです! [review]coomin[投票(1)]
★5ヘヴン(2002/米=英=仏=伊=独)社会正義のための私刑は、それ自体、果たして正義か? [review]きわ[投票(1)]
★4ロスト・イン・トランスレーション(2003/米=日)淡い色彩の不倫未満。くすみと濁りの東京。 [review]おーい粗茶, kaki, まりな, セントほか8 名[投票(8)]