コメンテータ
ランキング
HELP

もがみがわさんのコメント: 更新順

★3華氏119(2018/米)ドキュメンタリーとは言え全部真実かと言ったらそうでもないんだろうとは思う。こんな映画が公開できるんだからアメリカは健全なんだろう。[投票]
★3ハード・コア(2018/日)松たかこの無駄遣いはいったいなんだったの(笑)? [review][投票(1)]
★4グレイテスト・ショーマン(2017/米)音楽や編集がすごく好み。それ以上でも以下でもなく。 [review][投票(1)]
★3ボヘミアン・ラプソディ(2018/英=米)クイーンはたっぷり聴ける。そこは満足。モノマネではないし歌っているシーンにも不自然さはないしLIVE AIDのウィンブリー・スタジアムの再現度は半端ないし、でも、フレディの苦悩はきっとあんなもんじゃなかったと思う。というのがライトなクイーンファンだった私の感想。[投票(5)]
★3オーシャンズ8(2018/米)パーティにカメオ出演していたセリーナ・ウィリアムズでございますが、彼女をセレブ扱いするのって、アメリカ的にすごくポリティカリーに、コレクトな感じで違和感覚えてしまう。ということが印象に残る映画でした。[投票]
★3日日是好日(2018/日)樹木希林は、役者としてもの凄く勘のいい人だったのだな。私はほんの十年ほどの茶道経験しかないけれど、武田先生はちゃんと先生だった。撮影が上手だったとも言う。 [review][投票]
★4クレイジー・リッチ!(2018/米)ミシェール・ヨーを見るだけでも価値がある映画。このオールキャストアジアンな映画がどうしてアメリカでヒットしたんだろうと考えながら見てたけど、単純に面白いからだと思う。 [review][投票(2)]
★3クワイエット・プレイス(2018/米)シャイニング』を覚悟して観たら、『エイリアン』だった。 [review][投票]
★2祈りの幕が下りる時(2018/日)とても『やまとなでしこ』な映画だった。 [review][投票]
★4カメラを止めるな!(2017/日)誰に口止めされてるわけでもないのに、何なのだろうね、この共犯者感。言えない。言いたくない(笑)。[投票(1)]
★4ミッション:インポッシブル/フォールアウト(2018/米)とことんアクションを楽しむための映画。見たあとでメイキングについてネットで読んだところ、アクション先行で作った映画とのこと。先にそれを知っていたほうが、ストーリーに突っ込む気持ちを引っ込めて存分に楽しめたかもと思うのでここに書いてみる。[投票]
★3パンク侍、斬られて候(2018/日)染谷将太浅野忠信の怪演と、豊川悦司のウィンクだけでモト取ったとは思うのだが、もっとやれたと思うの。弾け足りないせいでなんか観てて恥ずかしかったんですけど。期待し過ぎでしょうか。 [review][投票(2)]
★4万引き家族(2018/日)ケイト・ブランシェットが絶賛したという安藤サクラの泣きの演技は、どのシーンでそれが来るのか知っていても、胸をえぐられた。 [review][投票(2)]
★3お葬式(1984/日)飯倉のキャンティでお茶してたら、あのスタンドカラーのいつものファッションの伊丹十三がスーツの男性といっしょに入って来て隣の席に座って、「伊丹さんは『お葬式』っていう孝行息子を持ってるから」とか言われてたのが小耳にはさまったことを思い出した。[投票]
★3リメンバー・ミー(2017/米)映像と音楽は素晴らしかったし、実写じゃないのにメキシコに行きたくなりますね。でも、わたくしは魂の汚い人間なので、この物語に感動はできないのです。 [review][投票(1)]
★3DESTINY 鎌倉ものがたり(2017/日)私はあの田中泯を見ただけで十分満足。期待値が低かった分楽しめました。 [review][投票]
★3キングスマン:ゴールデン・サークル(2017/英)マーク・ストロングのカントリー・ロードに尽きる。次回作はハル・ベリーのアクションに期待。[投票]
★3スター・ウォーズ 最後のジェダイ(2017/米)スターウォーズには何の思い入れもないのだが、キャリー・フィッシャーの死は悲しい。 [review][投票]
★2火花(2017/日)もしかしたらこれはこれで完成された映画なのかもしれないが、Netflixのドラマと比較すると映像も脚本も音楽も、劣って見えてしまうのだ。 [review][投票]
★4ブレードランナー 2049(2017/米=英=カナダ)2時間44分に不安を覚えたのだが、杞憂でした。 [review][投票(1)]