コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] 武曲 MUKOKU(2017/日)

何故あの小説を映画にしようと思ったのか、私には理解できない。
もがみがわ

**ネタバレ注意**
映画を見終った人むけのレビューです。

これ以降の文章には映画の内容に関する重要な情報が書かれています。
まだ映画を見ていない人がみると映画の面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。







公開前にネタバレし過ぎのプロモーションはどうかと思う。その対決シーンがいつやってくるのか、綾野剛の造り込んだ肉体はいつ披露されるのか、そっちが気になってストーリーに入れません。

というか、最後まで何も物語が始まらないのは、ひとえに原作がそうだからだろうけど。

何故、つまんない小説を読み、映画まで観たかと言えば、エキストラをしたからです。映ってないけど。映画の内容が明かされずに募集があり、撮影後に小説を読んだのだった。どう考えても私好みの映画のはずないのはわかっていたけど、やっぱり気になるので観に行きました。

ああいうみっともない男を、男は描きたいものなんでしょうか。自分の息子にああいう態度をとる小林薫の父親もみっともないし、あんなことになっちゃったからって、主人公の荒れようもみっともない。絶対にそばにいて欲しくないタイプ。柄本明の坊主も、仏教者ならもっと救いようがあるだろうに。虹郎くんはみっともなくはないけど、ラッパーっていう設定がカッコ悪いし、剣道始めるきっかけに説得力が全くない。

最後のスッキリした顔の綾野剛に+1。

(評価:★3)

投票

このコメントを気に入った人達 (0 人)投票はまだありません

コメンテータ(コメントを公開している登録ユーザ)は他の人のコメントに投票ができます。なお、自分のものには投票できません。