コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] 運び屋(2018/米)

ブラッドリー・クーパーって、クリント・イーストウッドが監督だと、どうしてダイコン風味なの? 『アメリカン・スナイパー』もだいぶダイコンだったよね。自分の監督作品ではあんなに素晴らしかったのに。
もがみがわ

ああ、そうだった。私、クリント・イーストウッドが監督した映画ってあんま好きじゃなかったんだった。

年寄りって、現代においてはポリティカリーにアンコレクトな差別的発言を平気でするよね。差別意識を持っている自覚がないと言うか。そういうことに代表される、アメリカの年寄りの現実がよくわかる映画。クリント・イーストウッドは、ああいう年寄りを肯定しているんだろうか。私は、自分の母の身勝手さを思い出してしまい不快感マックスざんす。

(評価:★3)

投票

このコメントを気に入った人達 (1 人)おーい粗茶[*]

コメンテータ(コメントを公開している登録ユーザ)は他の人のコメントに投票ができます。なお、自分のものには投票できません。